ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日常の疑問を経済学で考える

  • 日常の疑問を経済学で考える

ポイント倍率

日常の疑問を経済学で考える

  • ロバート・H.フランク/著 月沢李歌子/訳 フランク,ロバート・H.(Frank,Robert H.)
    コーネル大学ジョンソンスクール教授。1966年ジョージア工科大学卒。71年カリフォルニア大学バークレー校修士課程修了、72年同大よりPh.D.取得。ニューヨーク・タイムズ紙の常連コラムニストでもある

    月沢 李歌子(ツキサワ リカコ)
    津田塾大学卒業後、外資系証券会社勤務を経て翻訳家になる。東京都在住

  • ページ数
    307p
  • ISBN
    978-4-532-35298-1
  • 発売日
    2008年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ホテルのミニバーの価格が法外に高いのはなぜ?どうして多くの学校が制服の着用を義務づけているの?ドリンクおかわり自由のレストランが多いのはなぜ?彼氏持ちのほうがモテるのはどうして?経済学はこんなに常識的で単純だった!大先生が誰にでもわかりやすい物語形式で日々のナゾを経済学的に解決します。
目次
1 直方体の牛乳カートンと円筒形のソーダ缶―製品設計における経済学
2 無料のピーナッツと高価な電池―行動における需要と供給
3 「職場」での不思議な話―等しい能力をもつ労働者の稼ぎが異なるのはなぜか
4 他の人よりも多く支払う購入者がいるのはなぜか―値段交渉の経済学
5 競争とコモンズの悲劇
6 所有にまつわる神話
7 市場のシグナルを読み解く
8 海外のエコノミック・ナチュラリストたち
9 心理学と経済学の出会い
10 人間関係の市場
11 二つのオリジナル

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:The economic naturalist
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日常の疑問を経済学で考える
  • 日常の疑問を経済学で考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中