ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ガバナンス改革 先を行く経営 先を行く投資家

  • ガバナンス改革 先を行く経営 先を行く投資家

ガバナンス改革 先を行く経営 先を行く投資家

  • ページ数
    297p
  • ISBN
    978-4-532-32174-1
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 資本生産性向上の「峠」を越える具体例とロードマップ。経営、運用の実務家のための福音の書。
目次
第1章 再び、山を動かす―現在地の確認と、新たな改革アプローチの提唱(「山を動かす」という着想
「山」は今、どこにあるのか? ほか)
第2章 先を行く経営―企業価値向上経営の事例(企業の意識改革は進んだか?
アステラス製薬―迅速な意思決定を支えるガバナンス ほか)
第3章 先を行く投資家―国内・海外事例からの示唆(長期の企業価値を見極める投資
鼎談:資本生産性の「山」を動かすには ほか)
第4章 先を行く金主―企業全体を捉えた投資とスチュワードシップ責任の強化(世界の年金ファンドの事例
日本の年金ファンドの事例 ほか)
第5章 マクロ経済とガバナンス改革―財政問題と「第二GPIF」構想(なぜガバナンス改革は必要なのか
財政のテールリスクへの対処 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

◆「企業と投資家の対話」を基軸とするガバナンス改革は、アベノミクス第3の矢・成長戦略の要(かなめ)とされ、企業の収益性・株価の改善、運用会社の投資収益の改善など、成果を収めた。その一方で、形だけ改革を行っても評価されず、効果が出ていないケースも多い。

◆本書は、具体的にどのようにしたら実効性のあるガバナンス改革ができ、投資家と企業が共同作業で、WIN-WINの関係になれるのかを具体的に解説。

◆大企業や新進気鋭の企業ばかりでなく、食品、インテリア産業など伝統的な企業での成功事例も紹介。また投資家側の姿勢の変化も解説する。

◆研究会のメンバーたちは、日本企業の資本生産性の低さや、投資家との対話の必要性をいち早く指摘し、改革提言をしてきた気鋭の論者たち。

◆「コーポレートガバナンス・コードの策定に関する有識者会議」の座長を務めた池尾和人・慶應義塾大学経済学部教授が解説を執筆予定。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ガバナンス改革 先を行く経営 先を行く投資家
  • ガバナンス改革 先を行く経営 先を行く投資家

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中