ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 企画者は3度たくらむ

  • 企画者は3度たくらむ

企画者は3度たくらむ

  • 梅田悟司/著 梅田 悟司
    (株)電通コピーライター、コンセプター。1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科修了。在学中にSTAR STARTS RECORDS起業後、電通入社。マーケティングプランナーを経て、コピーライターに。広告制作の傍ら、製品開発、雑誌連載、アーティストへの楽曲提供など幅広く活動。カンヌ広告賞、レッドドット賞、グッドザデイン賞、観光庁長官表彰など国内外30以上の賞を受ける。ビデオリサーチ社が選ぶ2014年コピーライターランキングトップ10選出

    池永 忠裕
    (株)電通シニア・プランニング・ディレクター。1959年生まれ。大阪芸術大学芸術学部卒。プロモーション・エージェンシーを経て電通入社後、企業ブランディング、マーケティング戦略の立案からプロモーション施策まで幅広い領域で企画業務を行う。2008年カンヌ国際広告祭プロモ部門審査員。2010~13年ACCマーケティング・エフェクティブネス部門審査員。日本マーケティング協会認定マイスター。未来デザインラボ発起人

  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-532-31983-0
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 企画は通すものじゃない。人を動かすものだ。
    ジョージア『世界は誰かの仕事でできている。』
    タウンワーク『その経験は味方だ。』
    を手掛けるコピーライターが明かす、企画の“たくらみ方"

    メディア発達が著しく、情報が飽和している現在。
    企業や自分が発信した情報に気付いてもらうためには、
    企画を「たくらむ」心構えが必要だ。
    大手広告会社でコピーライターを行う筆者の経験から
    導き出された企画のたくらみ方を、
    様々な事例を参考にしながら紹介します。

    そのたくらむの中心にあるのが、
    人の予想や期待を越える「そうきたか! 」を生み出すこと。
    「そうくるだろうな」の先を考えることで
    無視されない強い企画を立てる心構えを伝授します。

    テクニックやスキルではない「一生モノの企画力を養う」をテーマに、
    マーケティング担当者や広告関係者のみならず、企画を立てる力は、才能じゃない。伸ばすことのできる能力である。そのために最も必要なのは、「たくらむ」心構えを持つことだ。たくらめばたくらむほど、あなたの企画は強くなる!
目次
第1章 企画は世の中を動かすベクトルだ(企画なき企画書の罪
世の中は課題で溢れている ほか)
第2章 その企画に「たくらみ」はあるか(私生活では誰もがたくらんでいる
全ての中心は「人」である ほか)
第3章 企画者は3度たくらむ(気になったのは誰かがたくらんだ証拠
一人でたくらむ、チームでたくらむ ほか)
第4章 事例を基に理解を深める―東北六魂祭は、どのようにして生まれたのか(私たちは無力だった
いまいる会社でしかできないことを ほか)
第5章 新しい世界をたくらむ(企画者の個性は信念に表れる
自分なら動くという基準 ほか)
エピローグ さぁ、オリエンを見つけよう

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 企画者は3度たくらむ
  • 企画者は3度たくらむ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中