ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脱「でぶスモーカー」の仕事術 なぜ“わかっていてもできない”のか

拡大

  • 脱「でぶスモーカー」の仕事術 なぜ“わかっていてもできない”のか

ポイント倍率

脱「でぶスモーカー」の仕事術 なぜ“わかっていてもできない”のか

  • デービッド・メイスター/著 加賀山卓朗/訳 メイスター,デービッド(Maister,David)
    プロフェッショナル・サービス・ファーム(PSF)のマネジメントに関する世界的権威。25年にわたって世界中のPSFのコンサルタントを務め、戦略やマネジメントのさまざまな問題を扱ってきた。現在は40%の時間を北米でのコンサルティングや講演に費やし、35%をヨーロッパ、25%を残りの地域で使っている。著書は様々な国の言葉に翻訳されている。イギリス生まれ。バーミンガム大学で数学、経済学、統計学の学士号、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでオペレーションズ・リサーチの修士号、ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)で博士号を取得

    紺野 登(コンノ ノボル)
    KIRO(知識イノベーション研究所)代表。多摩大学大学院経営情報学科教授兼知識リーダーシップ綜合研究所(IKLS)所長。京都工芸繊維大学次世代オフィス研究センター(NEO)特任教授。東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、博報堂を経て1991年に独立。博士(経営情報学)。知識経営、デザイン・マネジメントをはじめ、知識経済の経営と組織とイノベーションの研究・コンサルティングにかかわる

    加賀山 卓朗(カガヤマ タクロウ)
    翻訳家。東京大学法学部卒業後、大手通信会社に勤務しながら、1998年より翻訳家として活動。フィクションからノンフィクションまで幅広く手がけている

  • ページ数
    333p
  • ISBN
    978-4-532-31473-6
  • 発売日
    2009年09月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 正しいとわかっている戦略が、なかなか実行されない!目先の満足や報酬ばかりを求めて、顧客とすぐれた関係を築こうとしない!そんな「でぶスモーカー」症候群から抜け出すには、どうすればよいか?そのとき、リーダーやマネジャーは何をすべきか?トム・ピーターズも賞賛!物理的な機械で製品を作るのではなく、人の才能を使ってアイデアを生み出す「プロフェッショナル・サービス企業」経営の世界的権威が説く実践の極意。
目次
1 戦略の実行(なぜ、正しいとわかっていても、実行できないのか
戦略とは「何をしないか」を判断すること ほか)
2 顧客との関係(本当に関係を構築したいと望んでいるか
友人になる ほか)
3 マネジャーの役割(暴君、激励者、皮肉屋
なぜ、訓練のほとんどが無駄になるのか ほか)
4 ひとつになる(ワンファーム・ファーム再訪
多元的組織のマネジメント ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

トム・ピーターズが「プロフェッショナル・サービス企業経営の師」と仰ぐメイスターの最新作。

著者は、コンサルティング会社の経営をコンサルティングするユニークな存在。マッキンゼー、アクセンチュアなど、世界中のコンサルティング会社に多くの信奉者を持つ。チームはできるだけ小さく、最大ではなく最高を求めるなど、実践に役立つ極意が盛りだくさん。


編集者より
部下が動かない、顧客が逃げる、ダイエットが続かない、タバコがやめられない……。これらはすべて「でぶスモーカー」症候群=「正しいとわかっていても実行できない」症候群です。
正しいとわかっている戦略が、なぜ実行されないのか?なぜ、目先の満足や報酬ばかりを求めて、顧客と良好な関係を築こうとしないのか?その理由は、報酬や喜びが「将来」にあるのに対して、我慢や不快は「目の前」にあるからです。誘惑に屈しないように勇気を奮い起こし、努力したあとで、ようやく恩恵が手に入ります。
本書は、そんな「でぶスモーカー」症候群から抜け出すためにはどうすればよいか、そのときリーダーやマネジャーは何をすべきか、を説いています。
著者のメイスターは、「マッキンゼーやアクセンチュアなどに代表されるようなコンサルティング会社をコンサルティングしている」ユニークな存在です。彼がクライアントとして持つのは、こうした知識創造企業(プロフェッショナル・サービス・ファーム)ばかり。いずれも、物理的な機械で製品を作るのではなく、人々の才能を使ってアイデアを生み出すナレッジワーカーの集団です
ナレッジワーカーの仕事(知識労働)の生産性を高めるには、「ナレッジワーカー自身がみずから仕事の目的を考え、働きたいと欲することだ」とドラッカーは指摘していますが、これこそ「でぶスモーカー」症候群を克服した状態ではないでしょうか。本書は、ナレッジワーカーのマネジメントのあり方を根本から変える本だと思います。
「協力し合う文化を持ったプロフェッショナル集団が、最もめざましい成長を遂げている」などといった事実やヒントが満載の本書――あのトム・ピーターズが「プロフェッショナル・サービス・ファーム経営の師」と仰ぐメイスターの最新作は、リーダーやマネジャー、プロの仕事人をめざす人たちにお薦めの1冊です。
(ビジネス出版部 伊藤公一)

ページの先頭へ

閉じる

  • 脱「でぶスモーカー」の仕事術 なぜ“わかっていてもできない”のか

拡大

  • 脱「でぶスモーカー」の仕事術 なぜ“わかっていてもできない”のか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中