ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の経営 新訳版

  • 日本の経営 新訳版

日本の経営 新訳版

  • ジェームス・C.アベグレン/著 山岡洋一/訳 アベグレン,ジェームス・C.(Abegglen,James C.)
    1925年生まれ。シカゴ大学在学中に海兵隊に入隊して日本語を学んだのち従軍。終戦後、アメリカ戦略爆撃調査団の一員として初来日。その後シカゴ大学に戻って人類学と臨床心理学の博士号を取得。フォード財団の研究員となり、ハーバード大学でライシャワー教授らに師事したのち55年に再来日。このとき日本各地の工場を訪問し、日本企業の経営を調査した結果をまとめたのが本書である。59年に経営コンサルティング業界へ転じ、アーサー・D・リトル、マッキンゼーなどを経て、65年ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の設立に参加。BCGでは主に日本事業を担当し、日本支社初代代表をつとめる。パリ事務所の責任者になって日本を離れた時期もあるが、82年からは日本に住みつづけ、コンサルティング会社を経営するとともに、上智大学で教鞭をとった。97年には日本国籍を取得。東京都在住

    山岡 洋一(ヤマオカ ヨウイチ)
    翻訳家。1949年生まれ。政治経済分野の翻訳で高い評価を得る

  • ページ数
    211p
  • ISBN
    978-4-532-31189-6
  • 発売日
    2004年12月

2,200 (税込:2,376

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1958年に刊行され、終身雇用・年功序列・企業内労働組合の3本柱など、日本的経営を欧米に初めて紹介した歴史的作品を新訳で復刻。
目次
第1章 アジアの工業―日本の事例
第2章 決定的な違い―終身の関係
第3章 人材の採用
第4章 報酬と報奨の制度
第5章 職階、昇進、公式の組織
第6章 従業員の生活に占める企業の地位
第7章 日本企業の生産性
第8章 日本産業の継続性と変化

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:The Japanese factory
対象年齢 一般

商品のおすすめ

1958年に発表された本書は、終身雇用・年功序列・企業内労働組合の三本柱を軸とする「日本的経営」の特徴や利点を欧米に初めて紹介し、その後の海外の日本研究者にとってバイブル的存在となった。また、本文中のLifetime Commitmentの訳語として、「終身雇用」という言葉が初めて用いられたことでも知られている。日本の企業経営を考えるうえで基本文献となる名著、待望の復刊。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の経営 新訳版
  • 日本の経営 新訳版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中