ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • サッカー教養講座

  • サッカー教養講座

サッカー教養講座

  • 山本昌邦/著 武智幸徳/著 山本 昌邦
    1958年静岡県生まれ。ヤマハ発動機サッカー部でDFとして活躍。98年トルシエ・ジャパンのコーチに就任。2002年アテネ五輪日本代表監督に就任。04年ジュビロ磐田監督に就任。現在NHKサッカー解説者としての活動のほか、サッカーのノウハウを生かしたビジネスマン向けの講演活動を行っている

    武智 幸徳
    日本経済新聞社運動部編集委員。1961年兵庫県生まれ。84年日本経済新聞社入社、運動部に配属。ほぼ一貫してサッカーを担当するとともに、ボクシング、大相撲、プロ野球なども担当。ワールドカップ、五輪、アジア大会なども取材する

  • シリーズ名
    日経プレミアシリーズ 369
  • ページ数
    260p
  • ISBN
    978-4-532-26369-0
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

850 (税込:918

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • サッカーの表も裏も知り尽くした解説者と記者が縦横無尽に語り尽くす。「ロシアW杯の展望」「日本代表の命運は、バイエルンが握る?」「99年のナイジェリア・ユースの躍進を支えた食事力」「審判が吹く、教育的笛とスポーツの笛」「AIはサッカーも変える?」…。これを読めば、マニアックに、そして知的にサッカー観戦を愉しめる。
目次
第1章 ロシア大会を制するのはどこだ(イタリアやチリ、オランダがいないW杯
私がイングランドを推す理由 ほか)
第2章 そして、日本代表は勝てるのか(衝撃の監督交代、どうなる日本代表!
初戦コロンビアは、最善の対戦相手 ほか)
第3章 強豪国の流儀(「コーナーキックの守備」もチャンスと思えるブラジル
プロゴルファーのようなキック ほか)
第4章 どうすれば日本は頂点に立てるのか(選手の所属クラブでは勝てない、W杯の不思議
なぜ「アフリカの時代」はまだ来ないのか ほか)
第5章 未来のサッカー(VARはサッカーを変えるのか
なぜゴール数も、PK判定も増えそうなのか ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ロシアW杯の行方はどうなるのか。各国の戦力、戦術分析、組み合わせの妙などを交え徹底分析!
ハリル・ジャパンは勝てるのか。どうすれば日本は世界の頂点に立てるのか。タブーを排し語り尽くす。
VA(ビデオ・アシスタント)など、新たなテクノロジーがサッカーをどう変えるのか。未来も分析。

☆準優勝した99年ナイジェリア・ユースで「勝てた理由」は、実は食事にあった!? コーチとして参加した当事者がいま明かす真実なども交えながら、ピッチの外、チーム運営の環境が試合結果にもたらす影響なども深く突っ込んで語られます。

☆W杯では、なぜ自国監督が有利なのか。ドイツなど、継続的に強い国、チームは何をやっているのかなども多角的に分析。日本がW杯で頂点を目指すために必要な取り組みも知的に解説します。

☆強くて、上手い選手が、献身的にチームプレーに徹するようになったブラジルなど、最新情勢も分析。世界のサッカーの潮流が分かりやすく説かれ、サッカー観戦が今以上に楽しくなります。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • サッカー教養講座
  • サッカー教養講座

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中