ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • IPO(新規株式公開)を目指す経営 (日経ムック)

  • IPO(新規株式公開)を目指す経営 (日経ムック)

ポイント倍率

IPO(新規株式公開)を目指す経営 (日経ムック)

  • シリーズ名
    日経MOOK
  • ページ数
    109p
  • ISBN
    978-4-532-18244-1
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 経営管理体制、内部管理、会計制度の整備 etc.
    いつまでに、何をやるか?

    企業にとって、証券取引所に株式を上場すること(新規株式公開=IPO)は大きな目標。巨額の資金調達が可能になり、知名度も飛躍的にアップ。大企業へと成長するための重要なステップとなります。
    しかし、IPOを実現するためには、様々な課題があります。経営戦略はもちろん、会計・税務、人事・労務、コンプライアンスなどの体制整備が必要に。
    最後の関門、上場審査も含めて、不可欠なノウハウをすべて解説します。
    (「近刊情報」より)
目次
巻頭インタビュー「鐘の音をぜひ聞いてください」
レオス・キャピタルワークス 代表取締役社長 最高投資責任者 藤野英人さん

■Part1 IPOを目指す経営
・IPOを目指す前に確認すべきこと 問われるのは経営者の「志」
・IPOのメリットとデメリットはトレードオフの関係にある
・IPOスケジュール決定後の上場準備の進め方
ほか

■Part2 事業を拡大するための経営戦略
・利益を生み出すビジネスモデルの作り方
・一段の成長をもたらすマーケティングのポイント
・IPO準備段階におけるM&Aの活用と留意点

■Part3 IPOへ向けた資本政策と環境整備
・上場後の事業拡大には資本政策も重要
・まずはプロセスを含めた上場スケジュールを意識する
・コーポレート・ガバナンスを形作るための下準備
・上場会社に必要とされる強固な監査制度
・法律や企業倫理を守るコンプライアンスへの配慮

■Part4 IPOの人事・労務
・人材確保における入り口から出口までの戦略
・就業規則の見直しと労使協定の整備状況を確認
・固定残業の定義と未払い残業代の清算
・ガイドラインに即した労働時間の適正な管理
・会社に求められる各ハラスメントの対策
・今後の法改正を意識して今から始める制度構築

■Part5 会計のポイント
・IPOをする前に知っておきたい会計の基礎知識
・IPO時の会計ではここに注意 その1 収益認識
・IPO時の会計ではここに注意 その2 固定資産
・IPO時の会計ではここに注意 その3 金融商品
・IPO時の会計ではここに注意 その4 引当金
・IPO時の会計ではここに注意 その5 ストックオプション
・IPO時の会計ではここに注意 その6 税効果会計

■Part6 IPOの進め方
・上場企業としての器を問う「引受審査」と「上場審査」
・上場審査のポイント1 利益計画と予算管理
・上場審査のポイント2 関連当事者との取引
・上場審査のポイント3 労務管理
・上場審査のポイント4 関係会社の整理
・上場審査のポイント5 内部管理体制の構築

■Part7 IPOを実現するパートナーシップ
・集中調査で課題改善につなげる監査法人の「ショートレビュー」
・主幹事証券会社選びでは上場審査のスタンスを吟味する

商品詳細情報

フォーマット ムック
サイズ 28cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • IPO(新規株式公開)を目指す経営 (日経ムック)
  • IPO(新規株式公開)を目指す経営 (日経ムック)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中