ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 私は女優

  • 私は女優

私は女優

  • 浅丘ルリ子/著 浅丘 ルリ子
    旧満州・新京(現・長春)生まれ。1955年、14歳の時に日活「緑はるかに」で映画デビュー。映画のほかテレビドラマでも人気を集め、79年の蜷川幸雄演出「ノートルダム・ド・パリ」以降、舞台女優としても確固とした地歩を築く。出演映画本数は通算158本

  • ページ数
    292p
  • ISBN
    978-4-532-16994-7
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 知られざる生い立ちから76歳の現在まで、自ら言葉を選びぬいて綴った自伝決定版!日活映画の美しきヒロイン、寅さんのマドンナ「リリー」、舞台では烈しい女性を体当たりで…彼女の放つオーラに名だたる監督・演出家・俳優が魅せられ、銀幕の恋から私生活まで、誰もがあこがれた“スター”がここにいる。
目次
1 私の履歴書(幼い記憶
父の留学
バンコク移住
引き揚げ
心の故郷・神田
女優デビュー
名マネジャー
ファーストキス
職場恋愛
結ばれぬ恋)
2 私にとっての女優・浅丘ルリ子(映画監督山田洋次が語る女優・浅丘ルリ子―「リリーを寅さんと結婚させて欲しい」と言われました
対談 高橋英樹×浅丘ルリ子―この人は天才なんですよ。自分で役を作り上げて、それを昇華してゆく天才
対談 近藤正臣×浅丘ルリ子―私ね、もし演じることができるならマリー・アントワネットをやりたい。あの生きざまが大好きなの)

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 私は女優
  • 私は女優

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中