ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか

  • かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか

かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか

  • トーマス・フリードマン/著 マイケル・マンデルバウム/著 伏見威蕃/訳 フリードマン,トーマス(Friedman,Thomas L.)
    1953年ミネソタ州生まれ。ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学で修士号取得(現代中東研究)。UPI通信に入社し、1979年から81年までベイルート特派員。その後ニューヨーク・タイムズ社に移り、ベイルート、エルサレム両支局長を歴任。その間、ピュリツァー賞を2度受賞。89年に帰国し、ホワイトハウス担当首席記者を経て、95年からニューヨーク・タイムズ紙の外交問題コラムニスト。2002年、テロ問題に関する執筆活動により、3度目のピュリツァー賞を得る。著書に、全米図書賞を受賞した『ベイルートからエルサレムへ』などがある

    マンデルバウム,マイケル(Mandelbaum,Michael)
    ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院教授。同大学院のアメリカ外交政策研究プログラムを担当。フォーリン・アフェアーズ誌、タイム誌、ニューヨーク・タイムズ紙、ウォール・ストリート・ジャーナル紙など主要メディアにたびたび登場。これまで20冊以上の著作がある

    伏見 威蕃
    翻訳家。1951年生まれ、早稲田大学商学部卒。ノンフィクションからミステリー小説まで幅広い分野で活躍中

  • ページ数
    525p
  • ISBN
    978-4-532-16845-2
  • 発売日
    2012年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中流の消滅、政治家の劣化、借金漬けの財政、危機感のない国民、競争する意識の欠如…ゆるやかに衰退する超大国の現実を解説。ピュリツァー賞を3度受賞した著名ジャーナリストが、国際関係論の泰斗マイケル・マンデルバウムと共に世界の未来を描く。
目次
第1部 診断(異変に気づいたら、ご一報を
自分たちの問題から目をそむける ほか)
第2部 教育という難題(戻らない雇用
応援求む ほか)
第3部 数学と物理学に対する戦争(これはわれわれが当然受け取るべきものだ
数学(と未来)との戦争 ほか)
第4部 失政(魔の二歳児
「なにがなんでも反対」 ほか)
第5部 アメリカ再発見(俗言に惑わされない人々
ショック療法 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:That Used to Be Us
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか
  • かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中