ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 営業デジタル改革
  • 営業デジタル改革

  • 営業デジタル改革
  • 営業デジタル改革

営業デジタル改革

  • シリーズ名
    日経文庫 1403
  • ページ数
    236p
  • ISBN
    978-4-532-11403-9
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

950 (税込:1,026

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 営業がデジタル化するのは、「顧客がデジタル化」しているから。
    はやりに流されない、真のデジタル改革手法を解説!

    ここ数年、「デジタル化」「デジタルトランスフォーメーション」が話題になっています。
    「うちの営業でもデジタルツールを導入するぞ! 」とご検討中のみなさま、ひょっとして以下のようにお考えではないでしょうか。

    1.いまの営業スタイルにあわせたシステムを探すことが大切だ
    2.同業他社の導入事例が豊富にあるシステムを選んだほうが間違いはない
    3.とにかく担当者に入力を習慣づけることが大切だ
    4.結果の数字ではなく、営業プロセスをマネジメントすることが生産性向上につながる
    5.データを蓄積すれば、そのうちいいことがあるはずだ
    6.ウェブマーケティングはできることから始めるべき
    7.デジタル改革について考えたり学習したりするのは、デジタルになじんでいる現場(特に若手)の仕事だ

    いかがでしょうか。
    実はこうした考え方の中に、デジタル改革を失敗に導くワナが隠されているのです。

    それはなぜなのか。どうすれば正しく実践できるのか。
    本書では、具体的に、わかりやすく解説しました。
    カタカナ用語が驚くほど少ない、「地に足のついた」入門書です。

    【営業デジタル改革とは】
    本書で解説する営業デジタル改革とは、デジタルツールを導入し、営業活動の生産性を飛躍的に向上させる取り組みのこと。
    以前から導入されてきたSFAやCRMはもちろんのこと、MA(マーケティング・オートメーション)やAIなどの最新ツールを有効活用し、
    効果的・効率的に売上・利益拡大を狙う取り組みです。
目次
第1章 営業デジタル化の苦難
第2章 顧客の変化についていけない営業現場
第3章 自社のデジタル化度合いを診断する
第4章 営業を構造化して考える
第5章 ここまでは知っておこう!最新ツールの基礎知識
第6章 高度なリアル営業への変革
第7章 これからの営業活動をどう評価するか
第8章 営業デジタル改革を成功させる組織づくり

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中