ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シェアリングエコノミーまるわかり

  • シェアリングエコノミーまるわかり

シェアリングエコノミーまるわかり

  • 野口功一/著 野口 功一
    PwCコンサルティング合同会社パートナー。PwC Japanグループの新規事業を創出する専門組織「グローバルイノベーションファクトリー」のリーダー。国内外のスタートアップ、大学などと連携し、最新のテクノロジーを活用したプラットフォームビジネスの立ち上げにかかわる

  • シリーズ名
    日経文庫 1383
  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-532-11383-4
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

860 (税込:929

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 企業がモノを作って消費者が買う。そのようなモデルが崩れて新しい「共有」モデルが出現しています。これからのビジネス・社会を語る上で欠かせない仕組みをやさしく解説します。著者所属のPwCは、シェアリングエコノミーの調査を進めており、著者は日本法人の第一人者です。シェアリングエコノミーのメカニズムから、ビジネス・社会への影響まで、体系的に理解できます。図も豊富に使い、イメージがしやすいように工夫しています。シェアリングエコノミーを自身のビジネスに取り込もうとしている人はもちろん、その仕組みを知って賢く使いたい人まで、幅広い読者を想定しています。
目次
第1章 シェアリングエコノミーのインパクト(モノの所有の概念が大きく変わる「シェアリングエコノミー」
誰もがいつでも提供者と利用者に
変わるお金の流れ
新しい資本主義経済の形)
第2章 シェアリングエコノミーのメカニズム(そもそもシェアリングエコノミーとは?
シェアリングエコノミーのビジネスモデル
信用を保証する)
第3章 シェアリングエコノミーが生まれた背景(資本主義の成熟化
環境意識の向上
テクノロジーの発展
シェアリングエコノミーに対する消費者の意識)
第4章 シェアリングエコノミーが変えるビジネス・社会(世界の事例を見る
日本の事例を見る
経済効果や規模を試算する
シェアリングエコノミーの問題点
社会課題解決への貢献―働き方改革や地方創生など)
第5章 シェアリングエコノミーの未来(人の共有意識がさらに加速する
ブロックチェーン、AIなど新しいテクノロジーの出現
日本のシェアリングエコノミーの今後
シェアリングエコノミーが経済の中心へ)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

●世界ではウーバーやエアビーエヌビーなどが既存業界のシェアを奪う形で業績を伸ばしています。日本でも旅館・ホテル業界やタクシー業界を中心に深く関心を持たれています。また、シェアリングエコノミーの利用者もうなぎ登りです。

●本書は、その仕組みと利便性がひととおりわかる内容となっています。事例なども豊富に盛り込み、これからビジネスに絡みたい人、これから使いたい人、双方ともに理解できるようになっています。

●シェアリングエコノミーは人口減が続く地方などの活性化、また、副業としても注目されています。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • シェアリングエコノミーまるわかり
  • シェアリングエコノミーまるわかり

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中