ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 聴くということ 精神分析に関する最後のセミナー講義録

  • 聴くということ 精神分析に関する最後のセミナー講義録

聴くということ 精神分析に関する最後のセミナー講義録

  • エーリッヒ・フロム/著 堀江宗正/訳 松宮克昌/訳 フロム,エーリッヒ(フロム,エーリッヒ/Fromm,Erich)1900年、ドイツのフランクフルトに生まれる。ハイデルベルク、フランクフルトなどの大学で心理学と社会学を学んだ後、ベルリン大学で精神分析を学ぶ。フランクフルト社会研究所を経て、初期フランクフルト学派を代表する業績を残す。1933年、ナチスの手を逃れてアメリカに亡命。その思想の特徴は、フロイトとマルクスの統合にあり、精神分析に社会学的視点を導入して、いわゆる「新フロイト派」の代表的存在と目される。ナチズムに見られるような権威主義を批判すると同時に、ヒューマニズムの立場から独自の宗教論を展開
    堀江 宗正(ホリエ ノリチカ)1969年、茨城県生まれ。2000年、東京大学大学院人文社会系研究科(宗教学宗教史学)博士課程単位取得。博士(文学)。現在、聖心女子大学文学部准教授
    松宮 克昌(マツミヤ カツヨシ)1943年、東京生まれ。上智大学文学部卒(心理学専攻)。主に外資系企業に勤務後、2002年より翻訳に専従する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ISBN
    978-4-476-03316-8
  • 発売日
    2012年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,750

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フロムの最も重要な遺稿である精神分析に関する講義録の初邦訳。抜群の共感能力、親密さ、真理探究者としての姿が見えてくる。
目次
第1部 分析的治療において患者に変化をもたらす要因(ジグムント・フロイトの考える治療をもたらす要因と私の批判
良性神経症と悪性神経症―良性神経症の症例
治療にいたる体質的要因と他の要因)
第2部 精神分析のセラピーとしての側面(精神分析とは何か
セラピーによる治療の前提条件
セラピー的効果をもたらす諸要因
セラピー的関係について
精神分析的過程の機能と方法
クリスチアーネ―セラピー的方法と夢理解についての所見を含む一症例
近代の性格神経症を治療するのに特化した方法
精神分析的「技法」―あるいは耳を傾けるという技)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:THE ART OF LISTENING
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 聴くということ 精神分析に関する最後のセミナー講義録
  • 聴くということ 精神分析に関する最後のセミナー講義録

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中