ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不登校・心の病を治す 子どもの問題をカウンセリングで解決した実例集

  • 不登校・心の病を治す 子どもの問題をカウンセリングで解決した実例集

不登校・心の病を治す 子どもの問題をカウンセリングで解決した実例集

  • 網谷由香利/著 網谷 由香利(アミヤ ユカリ)
    日本女子大学児童学科卒業、聖徳大学大学院児童学研究科臨床心理学コース修士課程修了。心理療法家。現在、千葉県内で“佐倉心理療法研究所”を主宰

  • ISBN
    978-4-476-03291-8
  • 発売日
    2006年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

762 (税込:838

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は教育月刊誌『灯台』に連載中の「私のカウンセリング日記」を再構成し編集しました。この本でとり上げたケースは、すべて不登校の事例です。
目次
不安と恐怖を抱えた子どもたち
解離性障害―虐待といじめを受けて居場所のない男の子
統合失調症―こころのなかの恐怖世界に苦しんでいた女の子
強迫神経症―厳格な父親から逃れようともがいていた女の子
自傷行為(習慣および衝動の障害)―自分の身体の生皮を剥がしていた女の子
自己愛性人格障害―両親に「俺を殺してくれ」と叫んだ男の子
家庭内暴力、ひきこもり―「人の視線が怖い」というひきこもりの女の子
小児の性同一性障害―男の子と女の子の中間にいた女の子
選択性緘黙症―生まれてから20年間の記憶がなかったお母さん
脱毛症―子どもの時、親への怒りを体験できなかったお母さん
対人恐怖症、摂食障害―母親から命がけで逃れた娘

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

現代の子どもたちが抱え込む深刻な心の悩み。セラピストの網谷由香里先生が、実際のカウンセリングの現場を通して解決に挑む。

ページの先頭へ

閉じる

  • 不登校・心の病を治す 子どもの問題をカウンセリングで解決した実例集
  • 不登校・心の病を治す 子どもの問題をカウンセリングで解決した実例集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中