ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 診たて違いの心の病 実は栄養欠損だった!

  • 診たて違いの心の病 実は栄養欠損だった!

診たて違いの心の病 実は栄養欠損だった!

  • 溝口徹/著 溝口 徹(ミゾグチ トオル)
    1964年、神奈川県藤沢市に生まれる。1990年、福島県立医科大学卒業。横浜市立大学病院にて臨床研修後、同病院、国立循環器病センターなどで勤務。1996年、神奈川県藤沢市に辻堂クリニック開設。2003年、新宿溝口クリニック開設。2005年、東京メディカルケアセンター開設

  • ページ数
    198p
  • ISBN
    978-4-476-03287-1
  • 発売日
    2006年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 薬漬けになる前に読んでください!うつ・統合失調症・パニック障害・アトピー・リウマチなどに栄養療法が注目されています。
目次
序章 栄養療法との出会い
第1章 なぜ、栄養療法なのか?
第2章 心の病の多くが、実は栄養欠損だった!
第3章 精神科治療が薬漬けになる理由
第4章 医師が無知では済まない、血液検査データの読み方
第5章 身近な病気と栄養療法

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 診たて違いの心の病 実は栄養欠損だった!
  • 診たて違いの心の病 実は栄養欠損だった!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中