ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「理系」で読み解くすごい日本史
  • 「理系」で読み解くすごい日本史
  • 「理系」で読み解くすごい日本史

  • 「理系」で読み解くすごい日本史
  • 「理系」で読み解くすごい日本史
  • 「理系」で読み解くすごい日本史

「理系」で読み解くすごい日本史

  • シリーズ名
    青春新書INTELLIGENCE PI-565
  • ページ数
    184p
  • ISBN
    978-4-413-04565-0
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

920 (税込:994

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人は、一度も世界をリードしているという自覚はなかった。しかし、実際には、つねにものづくりの最先端を走っていた。その中心にあるのが、精緻なからくり人形に代表される、日本人の「縮小する技術」「細工する技術」である。日本の文明は、ずっとその底力を持ち続けていた。そんな「日本文明の奇跡」の一端を、日本史の中から解きほぐしてみたのが本書である。
目次
第1章 世界の最先端を行く縄文時代の技術力(本当はすごい文化があった縄文時代
古代の高層建築・三内丸山遺跡が示唆するもの)
第2章 古より現代に受け継がれる“ものづくりの神髄”(世界最大の墳墓「大山古墳」はなぜつくられたのか
「三種の神器」に始まる日本刀の技術
出雲大社は古代、超高層建築物だった?
なぜ、奈良で「十七条の憲法」が誕生したのか
「世界最古の木造建築」法隆寺
世界に誇る日本酒醸造と発酵の科学)
第3章 歴史を塗り替えた戦国期のテクノロジー(刀鍛冶が鉄砲づくりで切り開いた「日本の中世」
「日本の城」のロマンとテクノロジー)
第4章 江戸が世界一の都市になった設計力(家康の都市改造が江戸の繁栄と明治の躍進をつくった
「和算」が築いた江戸の成長と明治の奇跡の発展
江戸時代の天文学は世界の先端だった
“江戸の華”火事が、江戸の都市構造を変えた)
終章 明治以降の“奇跡の発展”を支えた理系の力(寒村だった横浜村が「日本の玄関」になったからくり
グラハム・ベルが予言した「日本の未来のエネルギー」
「乾電池」の発明が日清戦争の勝利を決定づけた
日本のお家芸「小さなものづくり」が未来を変える)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中