ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 男のマナー「接待」にはツボがある!

  • 男のマナー「接待」にはツボがある!

男のマナー「接待」にはツボがある!

  • 城田美わ子/著 城田 美わ子(シロタ ミワコ)
    マナーズシロタ所長。儀礼文化学会専修科所属。日本の伝統を取り入れ、豊富な経験知識をもとに、独自の教材で指導にあたっている。マナーを通して内面を磨くことによる人間形成を目指す。主な開講教室は、読売文化センター(恵比寿、水戸、金町)、ヨークカルチャースクール(本厚木、茅ヶ崎、秦野)。長岡、新発田、飯能、土浦他各所でもマナー講座で指導をしている。生涯教育関係、企業の社員教育、講演会などの講師を務め、雑誌、テレビ等にも多数出演し、多くの支持を得ている

  • シリーズ名
    青春新書PLAY BOOKS P-885
  • ISBN
    978-4-413-01885-2
  • 発売日
    2007年11月

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 高価な手土産、ビールで乾杯、招かれた側は5分遅れる…こんな常識はもう古い。店のセレクト、食事のマナー、手土産、お見送り…。“接待”で仕事人として成功するための、センスと礼儀を網羅。相手が密かにあなたの評価をあげる、「さすが!」の心配りが身につく本。
目次
序章 接待の「基本」&「心得」のツボ!―接待する側の気配りと、ゲストの品位が必要です
第1章 「準備」&「打ち合わせ」のツボ!―抜かりないチェックと、お店の人とのコミュニケーションが成否のカギ
第2章 「進行」&「二次会」のツボ!―相手を戸惑わせない、最後まで心地よい空間を演出する腕の見せ所
第3章 「食事」&「会話マナー」のツボ!―普段の“仕事の姿勢”が垣間見えるから、接待は恐いのです
第4章 「来客」&「応接」のツボ!―会社全体の評価が、あなたの挨拶ひとつにかかっています
付章 ゲストのマナー、「心づかい」のツボ!―接待する側は緊張しています、そこでゲストの品格が問われます

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 男のマナー「接待」にはツボがある!
  • 男のマナー「接待」にはツボがある!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中