ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 負け組の日本史 蘇我氏、平家、南朝、足利家、関ケ原西軍……その後どうなった? (じっぴコンパクト新書)

  • 負け組の日本史 蘇我氏、平家、南朝、足利家、関ケ原西軍……その後どうなった? (じっぴコンパクト新書)

負け組の日本史 蘇我氏、平家、南朝、足利家、関ケ原西軍……その後どうなった? (じっぴコンパクト新書)

  • 山本博文/監修 造事務所/編著 山本 博文
    歴史学者(日本近世史)。1957年岡山県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学院人文科学研究科修士課程修了。文学博士。東京大学史料編纂所教授

  • シリーズ名
    じっぴコンパクト新書 320
  • ISBN
    978-4-408-45637-9
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

800 (税込:880

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 蘇我入鹿、新田義貞、石田三成、徳川慶喜…日本史の流れを変えるターニングポイントで敗れた者や家族は、その後、どうなったのか?しぶとく生きのびた者、意外にも出世した者、いつの間にか消えていった者、そして現代にまで続いている者…敗者がたどった、知られざるもうひとつの日本史。
目次
1 「節目の大戦」で敗れた負け組(「平家にあらずんば人にあらず」。そう言った平時忠がちゃっかり生きのびた!
滅亡直前に誕生した清盛の孫、鎌倉時代に大宰府の役人にまで出世! ほか)
2 しぶとく「生きのびた」負け組の執念(学問の神様の子孫は、学者一族として細々と存続した!
室町幕府とたびたび対立した鎌倉公方、その家系は明治維新まで粘っていた! ほか)
3 意外と「出世した」負け組の大逆転(排仏を唱えるも政争に敗れて消えた物部氏。その末裔でいちばん出世したのは、僧侶!?
天武天皇に敗れた大友皇子の子が、そのまま皇室に残って重鎮となっていた! ほか)
4 いつの間にか「消えた」負け組のゆくえ(中大兄皇子に味方した蘇我氏の傍流。その後、粛清されて根絶やしにされていた
2度も辛酸をなめた天才閣僚・吉備真備の復活と不肖の息子 ほか)
5 「現代まで続く」あの負け組の子孫たち(源頼義、義家親子に討伐された安倍氏の子孫は、なんと総理大臣!
茶器とともに爆死した松永久秀の子孫がケータイサービスの生みの親となった! ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

蘇我入鹿、新田義貞、石田三成、徳川慶喜……
日本史の流れを変えるターニングポイントで敗れた物や家族は、その後、どうなったのか?
しぶとく生きのびた者、意外にも出世した者、いつの間にか消えていった者、
そして現代まで続いている者……敗者がたどった、知られざるもうひとつの日本史。

「平家にあらずんば人にあらず」。
そう言った平時忠がちゃっかり生きのびた!
滅びたのは一部の系統のみ!
頼家、実朝兄弟の悲劇と「源氏」のその後
足利尊氏に敗れた後醍醐天皇の皇子たち。その数奇な運命を追う
あの石田三成の子孫が生きのび、江戸時代に大名になったという摩訶不思議
朝敵になった皇族「輪王寺宮」。その後の波乱万丈すぎる生涯
30年以上の諸国を放浪したのち大名に返り咲いた小笠原氏の執念
信長の追跡を逃れ、豊臣秀頼の弓矢の師範となっていた六角義治
じつは京都に戻り大名になっていた! 足利義昭の意外な後半生
真田幸村の子どもは父と激闘をくり広げた伊達政宗にかくまわれていた
天武天皇に敗れた大友皇子の子が、そのまま皇室に残って重鎮となっていた!
将軍を辞めた徳川慶喜は、維新後に将軍時代より官位が上がっていた!
会津の悲劇「白虎隊」。その生き残りが海軍大将にまで出世!
応仁の乱で争った山名氏と細川氏の存在感が薄くなったワケ
天敵の「北城」に2度までも滅ぼされた相模の雄・三浦一族の悲劇
家康に保護されるも静かに消えていった超名門・武田家の名跡
勝ち組だった12万石の大名・里見家のさみしすぎる最期
大活躍したはずの「賤ヶ岳七本槍」。その後は1勝6敗の負け組だった!
源頼義、義家に滅ぼされた安倍氏の子孫は、なんと総理大臣!
謀反人・明智光秀の子孫は、あの人気ラジオDJだった!
日本の偉人の代表格・坂本龍馬の子孫は、現在、どこで何をしている?
大河ドラマの主役「西郷どん」の子孫は陶芸家になっていた!

……など収録多数!

ページの先頭へ

閉じる

  • 負け組の日本史 蘇我氏、平家、南朝、足利家、関ケ原西軍……その後どうなった? (じっぴコンパクト新書)
  • 負け組の日本史 蘇我氏、平家、南朝、足利家、関ケ原西軍……その後どうなった? (じっぴコンパクト新書)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中