ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ゴルフ新上達法則 世界のスポーツ科学が証明する

  • ゴルフ新上達法則 世界のスポーツ科学が証明する

ゴルフ新上達法則 世界のスポーツ科学が証明する

  • 鈴木タケル/著 一川大輔/著 鈴木 タケル
    幼少時からゴルフに親しみ、ツアープロを目指す。30歳からティーチングの世界に進み、2010年ティーチングプロA級取得。左打ちを取り入れた上達法「スイッチゴルフメソッド」を考案し10年PGAティーチングアワード奨励賞受賞。12年には指導者を教える専門指導員に就任。国際武道大学大学院ほか、研究機関でゴルフを研究。ドイツ・ライプチヒ大学への3度にわたる短期留学を経験し、同大学公認コオーディネーショントレーナー資格を取得。1976年生まれ。静岡県出身

    一川 大輔
    東洋大学理工学部生体医工学科准教授。東洋大学スポーツ健康科学研究室(川越キャンパス)室長。筑波大学大学院体育研究科修了(修士:体育学)、山梨大学大学院医学工学総合教育部修了(博士:医科学)。運動生理学、スポーツバイオメカニクスの専門研究者として活動。1976年生まれ。富山県出身

  • シリーズ名
    ワッグルゴルフブック
  • ISBN
    978-4-408-33767-8
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

980 (税込:1,078

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「右手?左手?」には答えがある!エビデンス=根拠がモヤモヤを解消!
目次
ゴルフの謎はすでにこんなにも解き明かされている(Swing Evidence
Putting Evidence)
第1章 あなたの頭に巣くう誤解の数々を解き明かすスイングのエビデンスとその活用法(左ヒジの“引け”改善には運動パターンの再構築が必要
プロに比べアマチュアは右足に体重を乗せ過ぎ、左足に移動するのが遅い
上級者のグリップは切り返し後に一瞬弱まっている ほか)
第2章 ゴルフ界にはびこる思い込みをくつがえすパッティングのエビデンスとその活用法(インパクトへのはやる気持ちを抑える振り子のイメージ
J.スピースのようにボールではなくカップを見て打つほうが入る?
ストローク中、頭はパターヘッドと反対方向に動いている ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ゴルフ新上達法則 世界のスポーツ科学が証明する
  • ゴルフ新上達法則 世界のスポーツ科学が証明する

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中