ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「自分の介護」がやってきた

  • 「自分の介護」がやってきた

「自分の介護」がやってきた

  • 羽成幸子/著 羽成 幸子(ハナリ サチコ)
    1949年生まれ。自らの介護経験をもとに執筆、講演を行っている。祖父母、父母、姑と身内5人を看取ることで培った介護する側、される側の心のあり方を独自の視点で提言、示唆する。「介護することは自分の老いのリハーサル。老いの現実を知り、看取ることで、自分の老いも死も受け入れられるようになる」と語る。現在、1男3女の子どもは成人し、親業を卒業。自分の介護を意識しながら夫との共同生活を実践中

  • シリーズ名
    春秋暮らしのライブラリー
  • ページ数
    200p
  • ISBN
    978-4-393-72603-7
  • 発売日
    2003年09月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 介護は他人事?“介護の達人”ハナリさんの笑ってうなずける「自分の介護」発想法。自分を大切に生きるコツ。
目次
自分の介護が始まった
老いの先取り
自分という友だち
友人の法則
忘れることが体力をつくる
人生の幕は何度でも開く
死は人生のご褒美
国語・算数・理科・社会
家族のわずらわしさを知る
縄張りを確保する〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「自分の介護」がやってきた
  • 「自分の介護」がやってきた

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中