ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自由と市場の経済学 ウィーンとシカゴの物語

  • 自由と市場の経済学 ウィーンとシカゴの物語

ポイント倍率

自由と市場の経済学 ウィーンとシカゴの物語

  • マーク・スカウソン/著 田総恵子/訳 スカウソン,マーク(Skousen,Mark)
    1947年、カリフォルニア生まれ。新オーストリア学派の経済学者。コロンビア大学ビジネススクールなどで教鞭をとる。投資家、コンサルタント、コラムニストとしても活躍

    田総 恵子
    翻訳家。十文字学園女子大学教授

  • ページ数
    332,28p
  • ISBN
    978-4-393-62185-1
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜ「政府」に任せてはいけないのか!!ミーゼス、ハイエクから、フリードマン、スティグラーまで政府による“恣意的な”介入に反対し、「小さな政府」を説いた“反ケインズ”の経済学の歴史を俯瞰する。
目次
第1章 ウィーンとシカゴ―二つの経済学派の物語
第2章 古いウィーン、新しいウィーン―オーストリア学派の勃興と衰退、そして再生
第3章 シカゴ帝国―経済学至上主義
第4章 方法論争―理論は実証されねばならないのか?
第5章 理想的な通貨制度を求めて―金本位制 対 管理通貨制
第6章 マクロ経済学、大恐慌、景気循環論
第7章 政府の適切な役割とは?―反トラスト、公共選択、政治経済学
第8章 偉大なる経済学者は誰か?
第9章 資本主義をなぜ信じるのか?
第10章 自由主義経済学の未来―ウィーンとシカゴの距離はどのくらいか?

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:VIENNA & CHICAGO,FRIENDS OR FOES?
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 自由と市場の経済学 ウィーンとシカゴの物語
  • 自由と市場の経済学 ウィーンとシカゴの物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中