ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 貧者のホスピスに愛の灯がともるとき 山谷のひとびととともに

  • 貧者のホスピスに愛の灯がともるとき 山谷のひとびととともに

貧者のホスピスに愛の灯がともるとき 山谷のひとびととともに

  • ページ数
    207p
  • ISBN
    978-4-393-49536-0
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ホームレスのためのホスピス「きぼうのいえ」で旅立っていったひとびとの最後の日々を、無償の愛に生きようとする介護関係者の奮闘や山谷の街の暮らしとともに鮮やかに描く。「終活」が話題になる現代に、終末期ケアはどうあるべきか、生と死の意味は何かを問う。
  • ※発売日が変更になりました
    1月23日→1月24日※発売日が変更になりました
    1月25日→1月23日
目次
第1部 「きぼうのいえ」の住人たち(「きぼうのいえ」ってどんなとこ?
傾聴の大切さ
山谷で生まれ変わったひと ほか)
第2部 山谷のひとびと(山谷ではパンツも消える
山谷のハーモニカおじさん
おじさんは時給五〇円? ほか)
インタールード 死を待つ人の家
第3部 支えるひと、支えられるひと(山谷の赤ひげ先生
山谷は母性が救う
無言で返した看護のお礼 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

東京のドヤ街・山谷にホームレスのためのホスピス「きぼうのいえ」を開設して多くの人を看取ってきた著者が、「きぼうのいえ」で旅立っていった人たちのさまざまな人生行路とその最期を温かな視線で見つめ、「きぼうのいえ」をつつむ山谷の人々と、医療関係者・介護関係者の思いと行いを鮮やかに描く感動の書。「終活」が話題になるいま、終末期のケアはどうあるべきか、生と死の意味は何かを切々と問いかける。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 貧者のホスピスに愛の灯がともるとき 山谷のひとびととともに
  • 貧者のホスピスに愛の灯がともるとき 山谷のひとびととともに

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中