ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代秀句

  • 現代秀句

現代秀句

  • 正木ゆう子/著 正木 ゆう子
    本名・笠原ゆう子。1952年(昭和27)熊本市生まれ。お茶の水女子大学卒業。1973年より能村登四郎に師事。俳論集『起きて、立って、服を着ること』(深夜叢書社)で第14回俳人協会評論賞受賞、句集『静かな水』で第53回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。現在、読売俳壇選者、熊本日日新聞俳壇選者

  • シリーズ名
    日本秀句 別巻
  • ページ数
    266p
  • ISBN
    978-4-393-43443-7
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 斯界の実力者が現代俳句の多彩な展開を縦横無尽に読み解いた名著の復刊。新たに秀作十八句を厳選し、「俳句の現在」の豊穣な世界へと誘う。
目次
夜をこめて蟲の清めし曉ぞ
湯豆腐やいのちのはてのうすあかり
野菊道数個の我の別れ行く
少年や六十年後の春の如し
白梅や天没地没虚空没
柩出るとき風景に橋かかる
うぶすなの言葉で通す冬の菊
階段が無くて海鼠の日暮かな
山を巻く一筋繩の涼しさよ
銀河系のとある酒場のヒヤシンス〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
版数 増補版

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代秀句
  • 現代秀句

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中