ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脇道にそれる 〈正しさ〉を手放すということ

  • 脇道にそれる 〈正しさ〉を手放すということ

脇道にそれる 〈正しさ〉を手放すということ

  • 尹雄大/著 尹 雄大()
    1970年神戸生まれ。政財界人やアスリート、アーティストなど約1000人に取材し、そうした経験と様々な武術を稽古した体験をもとに身体論を展開している

  • ページ数
    193p
  • ISBN
    978-4-393-36556-4
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自己否定の呪いを解く。人間関係、働き方、家族。私たちを縛る固定観念はどこから生まれるのか。「べてるの家」の人々から伝統工芸職人、原爆の被爆者まで。唯一無二のありようを選んだ“先人”が、教えてくれたこととは。
目次
第1章 言葉とからだの境界(わかるとはどういう体験なのか
本物とよくできた贋物 ほか)
第2章 からだの記憶の汀(真っ直ぐに曲がった茶杓―ある木彫りの職人のこと
二重被爆者、山口彊さんとの思い出 ほか)
第3章 記憶と家族の狭間(「三つ子の魂百まで」を越えていくこと
信念とサバイバル ほか)
第4章 脇道にそれる(問題を解決することから降りる
私たちはただ生き、ただ死ぬという道を踏み外している ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

仕事、家族、生活…。私たちは様々な場面で固定観念に縛られている。
世捨て人になるのも手だが、社会に属しながら常識という名のレールをそっと踏み外すことができたら、何が見えてくるだろう?
「べてるの家」の人々から伝統工芸の職人まで、「先人」たちが教えてくれた唯一無二のあり方とは。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 脇道にそれる 〈正しさ〉を手放すということ
  • 脇道にそれる 〈正しさ〉を手放すということ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中