ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代瞑想論 変性意識がひらく世界

  • 現代瞑想論 変性意識がひらく世界

現代瞑想論 変性意識がひらく世界

  • 葛西賢太/著 葛西 賢太
    1966年生まれ、東京大学大学院人文社会系研究科修了、博士(文学)。学術振興会特別研究員、上越教育大学学校教育学部教官を経て、現在、宗教情報センター研究員。駒澤大学、聖心女子大学の非常勤講師を兼任。米国宗教を心理学的見地から研究。アルコール依存症者が助け合いながら酒を飲まない人生(依存症からの回復)を模索する運動、アルコホーリクス・アノニマスについて調査、現代における「心を落ち着かせる方法」の歴史と実践について広く研究している

  • ページ数
    265,6p
  • ISBN
    978-4-393-36511-3
  • 発売日
    2010年03月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 私たちの日常は、覚醒と酩酊の往復という「変性意識」によってつくられている!アメリカで瞑想実践者が2000万人を超えた今、さまざまな変性意識を題材に、日常の中で、自分を振り返る「瞑想の時間」を持つ意味とその可能性を考える。
目次
序論 「通常」の時間感覚
第1章 変性意識とは何か
第2章 さまざまな瞑想
第3章 意識変容のテクニック
第4章 自分を変える不思議な力
第5章 瞑想で苦難を克服できるか
第6章 死と喪失に立ち向かう
結論 現代における瞑想の意義

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代瞑想論 変性意識がひらく世界
  • 現代瞑想論 変性意識がひらく世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中