ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 家族と住まない家 血縁から〈暮らし縁〉へ

  • 家族と住まない家 血縁から〈暮らし縁〉へ

家族と住まない家 血縁から〈暮らし縁〉へ

  • 島村八重子/著 寺田和代/著 島村 八重子(シマムラ ヤエコ)
    1954年東京生まれ。東京女子大学卒業。義父の在宅介護と看取りをきっかけに福祉、高齢者介護に関心を持つようになる。情報誌の編集に携わったのちフリーライターに。2001年、介護保険のケアプラン自己作成者に呼びかけて「全国マイケアプラン・ネットワーク」を立ち上げ、代表をつとめる

    寺田 和代(テラダ カズヨ)
    1959年静岡生まれ。立命館大学卒業後、3年間の会社員生活をへてフリーライターに。『鳩よ!』『Hanako』『クロワッサン』などで活躍。おもに文芸、介護、家族をテーマに執筆している

  • シリーズ名
    春秋暮らしのライブラリー
  • ページ数
    282p
  • ISBN
    978-4-393-33504-8
  • 発売日
    2004年11月

1,700 (税込:1,836

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人はなぜ,誰かと住まうことに必要や憧れを感じるのか。心地よい暮らしのかたちを追う。(社会図書総目録より)
目次
「家族と住まない家」のいま
大切なのは家の名より、関係
もうワンルームの暮らしには戻れない
コレクティブに暮らす、という新しい経験
住まいも仕事も、服を着替える感覚で
家族とは一瞬の状況である
あるべき暮らし、なんてない
共生の住まいに不可欠なのは対等な関係
自分の老後は、自分で設計したい
結婚をへて到達した「ひとりの愉楽」
ほどよい距離のなかで暮らす心地よさ
ひとりとみんなと。両方を大切にした住まい
「選択縁」のなかで暮らすということ
「暮らし縁」という名のまだ見ぬ未来

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

気の合う仲間と適度な距離で暮らしたい。「ルームシェア」「コレクティブハウジング」等、他人と住む選択をした人の住まい方を追う。

ページの先頭へ

閉じる

  • 家族と住まない家 血縁から〈暮らし縁〉へ
  • 家族と住まない家 血縁から〈暮らし縁〉へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中