ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • どこでもないところからの眺め

拡大

  • どこでもないところからの眺め

どこでもないところからの眺め

  • トマス・ネーゲル/著 中村昇/訳 山田雅大/訳 岡山敬二/訳 斎藤宜之/訳 新海太郎/訳 鈴木保早/訳 ネーゲル,トマス(Nagel,Thomas)
    1937年、ユーゴスラヴィア生まれ。1958年にコーネル大学を卒業。1960年にオックスフォード大学でBPhil、1963年にハーバード大学でPh.D.を取得。カリフォルニア大学バークレー校やプリンストン大学で教鞭を執ったのち、現在はニューヨーク大学教授。専門は、認識論・心の哲学・倫理学・政治哲学

    中村 昇(ナカムラ ノボル)
    1958年、長崎県佐世保市生まれ。中央大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、中央大学教授。専攻は哲学

    山田 雅大(ヤマダ マサヒロ)
    1972年、埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。ニューヨーク大学大学院哲学専攻修了。Ph.D.取得。現在、クレアモント大学院大学Assistant Professor。専攻は認識論

    岡山 敬二(オカヤマ ケイジ)
    1970年、北海道岩見沢市生まれ。北海道大学文学部卒業。中央大学大学院文学研究科博士後期課程修了。中央大学博士(哲学)。現在、中央大学非常勤講師。専攻は現象学

    齋藤 宜之(サイトウ ヨシユキ)
    1978年、群馬県生まれ。中央大学大学院文学研究科博士前期課程修了。現在、同博士後期課程在学。専攻は哲学・倫理学(特にカント)

    新海 太郎(シンカイ タロウ)
    1978年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得退学。専攻はベルクソンの時間論

    鈴木 保早(スズキ ヤスミ)
    1075年山梨県生まれ。中央大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得退学。専攻はキルケゴール

  • ページ数
    433,9p
  • ISBN
    978-4-393-32904-7
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 有限の存在である自己の超越への希求と、消し去りえぬ自らの固有性。両者の葛藤が産みだす、心、自由、倫理、生死といった数々の難問と格闘し、思考の限界に挑戦する現代の賢人ネーゲルが浮かびあがらせる哲学の本当のすがた。
目次
はじめに
頭のなかで起こっていること
頭のなかの出来事と身体
客観的自己
知識
思考と現実
自由
価値
倫理
正しく生きることとよく生きること
誕生と死、生の意味

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:The view from nowhere
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • どこでもないところからの眺め

拡大

  • どこでもないところからの眺め

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中