ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 部分と全体の哲学 歴史と現在

  • 部分と全体の哲学 歴史と現在

部分と全体の哲学 歴史と現在

  • ページ数
    262,39,9p
  • ISBN
    978-4-393-32359-5
  • 発売日
    2014年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 古代から現在を貫く、知られざる思索の系譜。アリストテレスやトマス・アクィナスから、現代の四次元主義やメレオロジーまで、存在論の土台にして難問「部分と全体」をめぐる哲学的思索の系譜と現代的展開を紹介、読者を存在の迷宮へといざなう。
目次
第1部 部分と全体の存在論―歴史的視点から(アリストテレスにおける「部分」と「全体」―質料形相論(hylomorphism)としてのメレオロジー
中世とトマス・アクィナス―全体‐部分の形而上学
ライプニッツ哲学における全体と部分
フッサール現象学とメレオロジー)
第2部 メレオロジーとオントロジー―現代的展開から(四次元主義の存在論と認識論
ヴァン・インワーゲンの「生命」―ライプニッツとの対比から
虹と鏡像の存在論
機能のオントロジー)
第3部 メレオロジーの論理学

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 部分と全体の哲学 歴史と現在
  • 部分と全体の哲学 歴史と現在

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中