ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 哲学の〈声〉 デリダのオースティン批判論駁

  • 哲学の〈声〉 デリダのオースティン批判論駁

哲学の〈声〉 デリダのオースティン批判論駁

  • スタンリー・カヴェル/著 中川雄一/訳 ガヴェル,スタンリー(Cavell,Stanley)
    1926年、米国ジョージア州生まれ。カリフォルニア大学バークレー校卒業(音楽専攻)。ハーバード大学大学院で博士号(哲学)を取得。現在、ハーバード大学名誉教授。1958年に論文“Must We Mean What We Say?”を発表してから現在まで50年間、ハーバード大学を拠点に、「いまだ近づきえぬアメリカ」の哲学を求めて個性的な思索を続ける。分析哲学の手法には距離をとりつつも、パトナムやデイヴィドソンと同様、本国アメリカにとどまらずフランスやドイツに絶大な影響力をもつ現代アメリカを代表する哲学者

    中川 雄一(ナカガワ ユウイチ)
    1953年、北海道生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。専門は現代フランス哲学。専門分野にとらわれず幅広い翻訳で活躍

  • ページ数
    327p
  • ISBN
    978-4-393-32309-0
  • 発売日
    2008年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,672

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本では知られざる米国の大哲学者の全貌。哲学と人間の生との密接な関わりを明らかにし、デリダのオースティン批判に徹底的に論駁。

    いかにして懐疑論を超え,抑圧された日常の〈声〉を復権させるか。デリダとの対決で問う。(哲学・思想図書総目録より)
目次
第1章 哲学と“声”の横領
第2章 反哲学と“声”の質入れ(形而上学的な声
異なる哲学をもつ世界
破壊幻想
デリタのオースティンと実証主義の賭け金
弁解の理論の排除―悲劇について
「不真面目なもの」の理論を排除する
懐疑論と真面目さ
コミュニケーションあるいは譲渡をめぐる二つの描像
何が(どのような物)が伝送されるのか?オースティンが動く
世界とかかわる言語についての二つの描像
私が私の言葉に貼りつく―署名についての三つの描像)
第3章 オペラと“声”の貸借

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:A pitch of philosophy
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ウィトゲンシュタイン新解釈の立役者にして、その特異な手法ゆえに孤高を保つ哲学の巨人カヴェル。音楽も映画も演劇も、ユダヤ移民の子としての人生も、すべてが哲学の論点と呼応しあい響きあって織りなされる彼の重層的な万華鏡世界が、デリタ‐オースティン論争を中心に展開。デリタの予断を正し、“声”の抑圧を暴く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 哲学の〈声〉 デリダのオースティン批判論駁
  • 哲学の〈声〉 デリダのオースティン批判論駁

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中