ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • わたしたちの脳をどうするか ニューロサイエンスとグローバル資本主義

  • わたしたちの脳をどうするか ニューロサイエンスとグローバル資本主義

わたしたちの脳をどうするか ニューロサイエンスとグローバル資本主義

  • カトリーヌ・マラブー/著 桑田光平/訳 増田文一朗/訳 マラブー,カトリーヌ(Malabou,Catherine)
    1959年生まれ。パリ第10大学助教授。現在フランスで最も注目される哲学者のひとり

    桑田 光平(クワダ コウヘイ)
    1974年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科フランス語フランス文学専攻・博士課程。2004/2005年度フランス政府給費留学生として、パリ第4大学文学部博士課程留学中

    増田 文一朗(マスダ ブンイチロウ)
    1977年生まれ。慶応義塾大学大学院文学研究科フランス文学専攻・博士課程。2003/2004年度フランス政府給費留学生として、パリ第8大学フランス文学科博士課程留学中

  • ページ数
    201p
  • ISBN
    978-4-393-32223-9
  • 発売日
    2005年06月

2,100 (税込:2,268

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「脳」は科学的、哲学的、そして政治的存在である―。脳科学の圧倒的な進展がもたらした成果に磨き抜かれた哲学的思考が邂逅する時、心脳問題は、現代社会における政治的課題へと自らを開く―。「サイエンス・ウォーズ以後」を画期する、フランス現代哲学の新潮流。
目次
序論 可塑性と柔軟性―脳を意識するために
第1部 可塑性の活動範囲(決定と自由のあいだ
「三つ」の可塑性 ほか)
第2部 中央権力の危機(「大脳=機械」論の終焉
ニューロン人間と資本主義の精神 ほか)
第3部 「あなたはあなたのシナプスだ」(「シナプス自己」または「原自己」
「ロスト・イン・トランスレーション」―ニューロンから心へ ほか)
結論 生物学的オルター・グローバリズムへ向けて
日本語版インタヴュー わたしたちの可塑性をどうするか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

脳は科学的、哲学的、そして政治的存在である。…フランス現代思想によるアクチュアルな脳科学批判。

ページの先頭へ

閉じる

  • わたしたちの脳をどうするか ニューロサイエンスとグローバル資本主義
  • わたしたちの脳をどうするか ニューロサイエンスとグローバル資本主義

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中