ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の宗教

  • 日本の宗教

日本の宗教

  • 遊佐道子/著 蓑輪顕量/訳 遊佐 道子(ユサ ミチコ)
    青森県生まれ。1975年、国際キリスト教大学卒業。83年、カリフォルニア大学サンタバーバラ校博士課程修了。現在、アメリカの西ワシントン大学教授。現代語・古典語(Modern & Classical Languages)学科に所属。西田哲学を含め、宗教哲学を中心に研究。哲学的な見地から仏教にも関心をもち、天台の止観が禅僧に与えた影響などにも言及

    蓑輪 顕量(ミノワ ケンリョウ)
    1960年、千葉県生まれ。83年、東京大学文学部卒業、90年、同大学大学院博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、愛知学院大学教授。仏教思想・日本仏教専攻。日本中世における戒律の復興や僧侶による教学活動、瞑想の実践に関心をもつ

  • シリーズ名
    シリーズ21世紀をひらく世界の宗教
  • ISBN
    978-4-393-20316-3
  • 発売日
    2007年12月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 異宗教間の対話は可能か?世界観・価値観の異なる人々といかにつきあうか?神道・仏教・儒教およびキリスト教から現代のさまざまな新宗教にいたるまで、その動向を主要な出来事に触れつつ、歴史に沿って概観する。
目次
第1章 日本の諸宗教―過去と現在
第2章 神道―日本固有の宗教
第3章 仏教の到来
第4章 鎌倉仏教諸派の興隆
第5章 中世
第6章 近世
第7章 現代
第8章 新しい千年期の日本の宗教

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Japanese religions
対象年齢 一般

商品のおすすめ

古代から現代に至るまで日本の歴史にそって、神道、仏教、儒教、キリスト教等の思想的特色や活動を明快に解説する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の宗教
  • 日本の宗教

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中