ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 親鸞と清沢満之 真宗教学における覚醒の考究

  • 親鸞と清沢満之 真宗教学における覚醒の考究

親鸞と清沢満之 真宗教学における覚醒の考究

  • 伊東恵深/著 伊東 恵深
    1977年、京都府生まれ。大谷大学文学部真宗学科卒業。大谷大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。真宗大谷派擬講。専門は真宗学。真宗大谷派親鸞仏教センター研究員、大谷大学非常勤講師、同朋大学専任講師などを経て、同朋大学文学部仏教学科准教授。三重県・真宗大谷派西弘寺住職

  • ページ数
    282p
  • ISBN
    978-4-393-16146-3
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 浄土真宗の仏教とはいかなるものか。
    親鸞と清沢満之の〈宗教的覚醒〉のありかを探る。
    「覚醒論」は、苦悩の現実を生きる現代人に、どのような「目覚め」をもたらすのか。
    〈本願他力〉の新たな展望を考究する。
目次
第1部 親鸞論―群萌における覚醒の様相と内実(横超の仏道
信心獲得の内実―「現生十種の益」の文を中心として
「行者のはからい」考
真仮の分判―「化身土巻」の思想的意義
親鸞晩年の思想課題―「消息」を手がかりとして ほか)
第2部 清沢満之論―「他力門哲学」における覚醒の様相と内実(「他力門哲学骸骨試稿」の思想的位置
清沢の「宗教」観
有限と無限
心霊の開発
他力門における覚醒の構造 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

浄土真宗の仏教とはいかなるものか。親鸞と清沢満之の〈宗教的覚醒〉のありかを探る。「覚醒論」は、苦悩の現実を生きる現代人に、どのような「目覚め」をもたらすのか。〈本願他力〉の新たな展望を考究する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 親鸞と清沢満之 真宗教学における覚醒の考究
  • 親鸞と清沢満之 真宗教学における覚醒の考究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中