ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 禅の逆襲 生老病死のなかの仏教

  • 禅の逆襲 生老病死のなかの仏教

禅の逆襲 生老病死のなかの仏教

  • 有馬頼底/著 対本宗訓/著 有馬 頼底
    1933年東京に生まれる。臨済宗相国寺派第七代管長。大本山相国寺・鹿苑寺金閣・慈照寺銀閣の住職。京都仏教会理事長。八歳で大分県日田岳林寺に入門。1955年京都相国寺僧堂に入門、修行。現代日本の仏教界を代表する禅僧。久留米藩主有馬家の血筋を引く

    対本 宗訓
    1954年愛媛県に生まれる。1979年京都大学文学部卒業。京都嵯峨天龍僧堂にて修行。1993年~2000年臨済宗佛通寺派管長・師家として国内外で禅の指導につとめる。2000年帝京大学医学部入学。同年、佛通寺派管長を辞任。2006年帝京大学医学部卒業。現在、内科医・僧医として活動の日々

  • ISBN
    978-4-393-14418-3
  • 発売日
    2010年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま禅はどうあるべきか。仏教に救いはあるのか。仏教界を牽引する禅僧と、異色の僧医が、現代日本の社会・宗教・政治をにらみながら、縦横無尽、侃々諤々の議論を展開する刮目の書。
目次
第1章 人は裸で生まれ、裸で死ぬ―生老病死の救い(「生老病死」の現場
死を看取る
人は裸で生まれ、裸で死ぬ ほか)
第2章 魂のぶつかり合い―禅の修行・人生の修行(般若林のこと―二人の出会い
出会いが人生である
魂のぶつかり合い―師と弟子 ほか)
第3章 人の“いのち”、世界の“いのち”―未来から来る禅(禅の道を歩む
生老病死の中の禅
禅と医療の現場 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 禅の逆襲 生老病死のなかの仏教
  • 禅の逆襲 生老病死のなかの仏教

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中