ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 道元禅師の心

  • 道元禅師の心

道元禅師の心

  • 窪田慈雲/著 窪田 慈雲
    1932年東京に生まれる。1949年安谷白雲老師に初相見。1955年横浜国立大学経済学部卒業。1969年安谷白雲老師に受戒。光山巍堂の居士号を受く。1972年安谷白雲老師より大事了畢の証明を受け、慈雲軒の軒号を受ける。1973年安谷白雲老師遷化後、山田耕雲老師に師事。1975年ロンドンに於て再見性。1983年宗教法人三宝教団正師家に任命される。1985年山田耕雲老師より嗣法。1989年山田耕雲老師遷化に伴い、三宝教団第三世管長に就任、2004年10月三宝教団管長を退任(山田凌雲老師継承)。以後ドイツミュンヘン郊外ヴァイアン禅堂の指導は継続。2005年3月渋谷区代々木上原禅道場指導開始。2009年1月盛和塾禅会指導開始。2011年5月下村満子「生き方塾」禅会指導開始。2015年1月ヴァイアン禅堂指導終了

  • ページ数
    306p
  • ISBN
    978-4-393-13423-8
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 時代ごとの主著から、その現代語訳をあげて、禅師の言葉を通して深まりゆく悟りの境地をたどり、現代人が学ぶべき禅の真髄を明らかにする。
目次
第1章 道元禅師の生涯(生誕から入宋まで
入宋後の修行
帰国後の最初の教え ほか)
第2章 正法眼蔵と道元禅師の心(一顆明珠の巻
即心是仏の巻
谿声山色の巻 ほか)
第3章 道元禅師が伝えたかった心(参禅は大悟の体験が必須であること
大悟への執着もまた迷いであること
因果無人の生活に徹すること ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

道元の伝えたかった禅の心とは何か。その生涯に沿って、『正法眼蔵』『永平広録』などから主要部分の現代語訳を載せ、禅師の言葉を通して、わかりやすくその教えを説き明かした道元入門。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 道元禅師の心
  • 道元禅師の心

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中