ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ダライ・ラマ瞑想入門 至福への道 新装版

  • ダライ・ラマ瞑想入門 至福への道 新装版

ダライ・ラマ瞑想入門 至福への道 新装版

  • ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ/著 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ/監訳 鈴木樹代子/訳 ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ(H.H.the Dalai Lama,Tenzin Gyatso)
    1935年、チベット東北部アムド地方に生まれる。2歳のとき転生活仏ダライ・ラマ14世と認められる。1949年の中国のチベット侵略に伴い、15歳で政治・宗教両面の国家最高指導者となる。1959年に亡命。インドのダラムサラに亡命政府を樹立。チベット問題の平和的解決を訴えつづけ、1989年にノーベル平和賞受賞

    ゲシェー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ(Geshe Sonam Gyaltsen Gonta)
    1955年、チベットのティンリ村に生まれる。ダラムサラ仏教論理大学でチベット仏教を学習・修行。来日後、大正大学大学院文学研究科博士課程(仏教学専攻)満了。1996年、ゲルク派大本山デプン寺ロセルリン学堂にてゲシェー(仏教哲学博士)の学位を授与される。ダライ・ラマ法王日本代表部事務所文化交流担当を経て、現在、チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)会長・主任講師

    鈴木 樹代子(スズキ キヨコ)
    1966年、東京生まれ。明治大学工学部卒。1994年にインド・ダラムサラでダライ・ラマ法王と出会ったのを機に、チベット僧から仏教を学ぶ。2006年から2008年まで、ダライ・ラマ法王日本代表部勤務。現在、翻訳やプロジェクト・マネジメントの傍ら、セーブ・チベット・ネットワーク(非営利チベット支援組織)の運営も務める

  • ページ数
    303p
  • ISBN
    978-4-393-13377-4
  • 発売日
    2008年08月

2,500 (税込:2,700

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • チベット仏教の神髄『菩提道次第論』。その教理のひとつひとつに瞑想の手ほどきを付し、坐るむき、足の組みかた、喚起する感情、イメージするヴィジョンとその変容まで詳細に解説。心の神秘を解き明かし幸福へと導く。
目次
第1章 序論(概論
菩提道次第の起源)
第2章 前行(瞑想を行ないやすい環境を整える
心の準備
集会樹の観想 ほか)
第3章 瞑想(上師を正しく信頼し、よりどころとする
人間の可能性に気づく
死の無常 ほか)
付録

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Path to bliss
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ダライ・ラマ瞑想入門 至福への道 新装版
  • ダライ・ラマ瞑想入門 至福への道 新装版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中