ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高崎直道著作集 第5巻

拡大

  • 高崎直道著作集 第5巻

高崎直道著作集 第5巻

  • 高崎直道/著 高崎 直道(タカサキ ジキドウ)
    1926年、東京都生まれ。1950年、東京大学文学部哲学科(印度哲学専攻)を卒業。1954年、インド政府給費留学生としてプーナ大学大学院へ留学。1958年、プーナ大学にてPh.D.を取得。1966年、Ph.D.論文“A Study on the Ratnagotravibhaga”(『宝性論の研究』)をローマより刊行。1972年、東京大学にて学位(文学博士)を取得。1975年、学位論文の『如来蔵思想の形成』で恩賜賞

  • 巻の書名
    如来蔵思想の形成 2
  • ISBN
    978-4-393-11285-4
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

9,500 (税込:10,260

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • インド仏教における如来蔵思想形成史をたどる画期的研究。本巻では、如来蔵思想の源泉を諸大乗経典に求め、菩薩と如来種姓、法身と如来業について論究しつつ、如来蔵思想がどのようにして形成されたかを結論づける。
目次
第2篇 如来蔵思想前史(如来蔵思想の二源泉―『般若経』と『法華経』
菩薩と如来種姓(1)
菩薩と如来種姓(2)―『華厳経』
法身と如来業
結論・如来蔵思想形成史)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 高崎直道著作集 第5巻

拡大

  • 高崎直道著作集 第5巻

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中