ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ばぁば、93歳。暮らしと料理の遺言

  • ばぁば、93歳。暮らしと料理の遺言

ばぁば、93歳。暮らしと料理の遺言

  • 鈴木登紀子/著 鈴木 登紀子
    日本料理研究家。1924年、青森県八戸生まれ。自宅で始めた料理教室をきっかけに、46歳で料理研究家に。40年以上、NHK「きょうの料理」に出演。“ばぁば”の愛称で人気を博す

  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-391-15186-2
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現役最高齢の料理研究家が語る長生きの心得、老いの楽しみ方、伝え遺したい「和の心」。これからも作り続けてほしい「遺言レシピ」も収録。
目次
1章 長生きしてわかったこと―ばぁば、93歳。人生の仕舞い方(遺すのは1枚の写真だけ。残るものは、思い出だけ
十分生きた。延命はご無用。でも、お出かけ用の下着は必要よ ほか)
2章 伝え遺したい「和の心」―大切にしてきた、ばぁばの生活習慣(モノを大事にいたしましょう
段取りこそが、暮らしの知恵 ほか)
3章 お料理を作るあなたへ12の遺言―知ってほしい和食の極意(遺言1 お箸と器―盛りつけをこわさないように
遺言2 食べる順序、お魚のこと―「和食」とは「和を保つ食」のこと ほか)
4章 これだけは遺したい。遺言レシピ―未来でも作り続けてほしいお手軽な一品(毎日忙しい、あなたへ
子どもたちを育てたスープ ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

“ばぁば”の愛称で知られる、最高齢の現役料理研究家。
はじめて語った人生の仕舞い方、老いの楽しみと健康のコツ、伝え遺したい和の心と作り続けてきたレシピをあますことなくご紹介。
読むと元気になれる写真付き、語り下ろしの55編のエッセイ。

「60歳、70歳はまだまだシニアの入り口ですよ。心も体も元気に生きてまいりたいと思います」(ばぁば)
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ばぁば、93歳。暮らしと料理の遺言
  • ばぁば、93歳。暮らしと料理の遺言

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中