ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 詳しくわかる脳梗塞の治療と安心生活

  • 詳しくわかる脳梗塞の治療と安心生活

詳しくわかる脳梗塞の治療と安心生活

  • 高木誠/監修 四津良平/監修 高木 誠
    東京都済生会中央病院院長。1954年、東京生まれ。1979年、慶應義塾大学医学部卒業、1987年にニューヨークのMontefiore Medical Center神経病理部門留学。1993年、東京都済生会中央病院内科医長、2002年に同病院副院長を経て、2006年より現職。専門は神経内科、特に脳卒中。一般市民向けの講演やテレビ番組出演などを通じて、急性期治療の重要性について啓発している

    四津 良平
    原宿リハビリテーション病院院長。1948年、富山県生まれ。1973年、慶應義塾大学医学部卒業。1981年にニューヨーク州立大学胸部外科留学、オハイオ州クリーブランド・クリニック人工臓器部・人工心臓主任研究員、1984年、オハイオ州アクロン大学医用生体工学部兼任助教授。1991年に慶應義塾派遣留学(ベイラー大学臓器移植科)。1993年、慶應義塾大学医学部専任講師、2002年に同大学医学部外科教授、2014年より同慶應義塾名誉教授。一般社団法人巨樹の会松戸リハビリステーション病院院長補佐を経て、2015年より現職。外科専門医、心臓血管外科専門医、循環器専門医

  • シリーズ名
    最新医学図解
  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-391-15155-8
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 前ぶれ症状TIAにいち早く気づく!最新の救急治療と薬物療法!日常生活に復帰するリハビリテーション図解。再発を防ぐ五大リスク病治療。
目次
第1章:脳梗塞とはどんな病気?
脳卒中の7割は、脳の血管が詰まる「脳梗塞」/脳梗塞には3タイプある/アテローム血栓性脳梗塞/ラクナ梗塞/心原性脳塞栓症/脳梗塞を招く、動脈硬化&血栓の5大リスク/喫煙をはじめ、生活習慣の乱れも大きな要因に/睡眠障害や腎臓病、家族歴もリスクになる/脳梗塞が起こるとどうなる?/認知症やうつ病につながることもある/前ぶれ発作“TIA”の段階で気付けば、予防が可能

第2章:脳梗塞で倒れたときの治療法
脳梗塞の治療の流れを理解する/救急処置の後、画像から脳梗塞かどうかを判断する/脳梗塞の急性期の治療は、時間との勝負/発症してすぐなら血栓を溶かす治療を行う/カテーテルを使い、詰まった血栓を取り除く/再発予防は急性期から始まる!/抗血小板療法/抗凝固療法/そのほかの薬物療法/急性期は合併症にも注意が必要

第3章:脳梗塞のリハビリテーション
回復期のリハビリテーションには転院が必要/リハビリテーションはチーム医療/発症直後からリハビリを始め、回復を早める/集中的なリハビリで、機能回復をはかる/立つ、歩くなどの基本動作を訓練する/着替えやトイレなど日常的な動作を訓練する/言葉や飲み込みの動作を訓練する/退院前に生活環境を整える/退院後もリハビリを続け、機能を維持する/介護保険サービスを活用する

第4章:再発を防ぐ毎日の過ごし方
慢性期の再発予防には、抗血栓療法を続ける/脳梗塞の5大リスク別 服薬中の生活のポイント/手術が再発予防に有効な場合もある/タバコは必ずやめる/塩分・脂質を控え、腹八分目に留める/こまめな水分補給で脱水を防ぐ/お酒はほどほどなら飲んでもよい/1日20~30分の有酸素運動を行う/入浴時は、血圧の変動や脱水に注意/睡眠の質を高めて早朝高血圧を予防・改善

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日本人の脳卒中といえば、かつては大半が脳出血やくも膜下出血でしたが、食事や生活環境の変化により、いまや7割が脳梗塞です。血管内治療の進歩によって、大半の患者さんの命が助かるようになりました。
そこで大切なのが、いかに発作を早期に見つけて医療機関に駆け込むか。そのポイントを詳しく解説します。
またいまは、後遺症を残さず、たとえ残ったとしても日常生活への支障を可能な限り小さくできるように、急性期からリハビリテーションを開始することが重要とされています。そのために知っておくべきこと、家庭に帰ってから自分でできることを、図解で丁寧に説明します。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 詳しくわかる脳梗塞の治療と安心生活
  • 詳しくわかる脳梗塞の治療と安心生活

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中