ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 煮もの

  • 煮もの

煮もの

  • 斉藤辰夫/著 斉藤 辰夫
    日本料理研究家。大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、同校で教職員として日本料理の教授となる。パリ、スイス、ワシントンでも料理に携わる仕事をした国際派の料理家。その後、エコール辻東京で専任教授を務める。現在は東京・国立で料理教室「斉藤辰夫料理スタジオ」を開いているほか、テレビや雑誌、講演などで忙しい毎日を送っている

  • ページ数
    127p
  • ISBN
    978-4-391-14625-7
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鍋ひとつ・材料ひとつで作れるシンプルな煮ものから、和洋中の煮込みまで毎日でも食べたいおいしい惣菜100品。(「近刊情報」より)
目次
1章 肉の煮もの(肉じゃが
揚げ肉じゃがバター風味 ほか)
毎日の副菜にお役立ち1―サッと作れる野菜の煮もの(いんげんのたっぷりごま煮
小松菜の煮びたし ほか)
2章 卵・豆腐製品・豆の煮もの(八角煮卵
油揚げの包み煮 ほか)
3章 乾物・加工品の煮もの(ひじきのうま煮
ひじきのピリ辛煮 ほか)
毎日の副菜にお役立ち2―作り置きできる野菜の煮もの(さつまいものレモン煮
ごぼうのきんぴら ほか)
4章 魚の煮もの(いわしの梅煮
豆あじの酢じょうゆ煮 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ほかほか、しみじみがおなかと心にしみる、毎日食べても飽きない和・洋・中華の惣菜煮もの100。

日本料理研究家の斉藤辰夫先生が、“どこかひと味違う!斉藤流の味つけの極意”を駆使した、毎日食べても飽きない和・洋・中華の煮もの100品。「肉」「魚」「野菜」「卵」「乾物」など、主材料別のわかりやすい章立てで、作りたい煮ものがすぐに見つかる便利な1冊です。

ページの先頭へ

閉じる

  • 煮もの
  • 煮もの

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中