ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イソップおはなし絵本

  • イソップおはなし絵本

イソップおはなし絵本

  • イソップ/〔原作〕 主婦と生活社/編 立原 えりか(タチハラ エリカ)
    童話作家。「人魚のくつ」でデビュー以来、ファンタジーを書き続けている。「アンデルセンのメルヘン大賞」「JOMO童話賞」選考委員、童話創作の機関紙「ヒースランド」編集長、日本通信教育連盟「立原えりかの童話塾」塾長、広島アンデルセン、池袋コミュニティカレッジほかの童話創作教室の講師などをつとめる

  • シリーズ名
    3歳から親子で楽しむ本
  • ページ数
    74p
  • ISBN
    978-4-391-13448-3
  • 発売日
    2007年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どもたちに夢を与えるイソップ童話から16作品を厳選。楽しい絵とやさしい語り口調の文章で読みやすい本。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 幼児

商品のおすすめ

【対象】 
 
幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

平均4ページくらいで1話が構成されているので、スピーディーに読み進められます。各話の文や絵はいろいろな方が担当されています。5歳のこどもに、外国のおもしろい話を探していて、探しあてた本ですが、善悪のはっきりしない物語や絵本の単調な展開に飽きていたのか、この本ではじめてふれるイソップの教訓が新鮮なようでした。イソップの話の持つ教訓を理解するのはまだ難しいのかな?と疑問でしたが、すっきり短くまとまっているので読みやすいし、5歳のこどもには展開がわかりやすく、大半理解できました。本を読み終えた後、裏表紙に各話の挿絵がタイトルと一緒に一覧になっていますが、絵をみながら話を選んで「これ読んで」とリクエストしてきました。表紙には3歳から…と記載がありますが、短いので十分読み聞かせにはなると思います。うさぎとかめ、ありときりぎりす、よくばりな犬、北風と太陽、しょうじきな木こり(金の斧 銀の斧)ほかが収録されています。本を読み終えて、親子で、話の展開や絵から会話がふくらみ、成長を感じた本です。長い電車移動の際、持ち歩きましたが、空いた車内で大活躍しました。お勧めの1冊です。(スマイリーソーナンスさん 30代・茨城県取手市 5歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • イソップおはなし絵本
  • イソップおはなし絵本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中