ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 認知症の看護・介護に役立つよくわかるパーソン・センタード・ケア

  • 認知症の看護・介護に役立つよくわかるパーソン・センタード・ケア

認知症の看護・介護に役立つよくわかるパーソン・センタード・ケア

  • 鈴木みずえ/監修 鈴木 みずえ
    浜松医科大学医学部看護学科臨床看護学講座教授。医科学修士。医学博士。パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング(DCM)基礎トレーナー(英国ブラッドフォード大学認定)。筑波大学大学院医学研究科環境生態系専攻博士課程修了。認知症高齢者と介護者の生活をよりよいものにするための研究に力を注ぎ、パーソン・センタード・ケアやタクティールケア、音楽・動物・ペット型ロボット療法などを取り入れたケアの質の向上のための研究を進めている

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-262-14588-4
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 思いを「聞く」、情報を「集める」、ニーズを「見つける」―3ステップで実践!ケアをする人、される人、お互いの気持ちが楽になる!不安がなくなる!認知症の人の思いを一番に考え、その人の視点からケアすることで抑うつ、徘徊、排泄トラブル、暴言・暴力などと呼ばれる行動が緩和され、現場の関係によい効果が生まれます!
目次
第1章 認知症のことを知る(認知症とは
症状について)
第2章 パーソン・センタード・ケアの基本(パーソン・センタード・ケアとは
実践するうえで大切なこと)
第3章 実践のための「3つのステップ」(思いを「聞く」
情報を「集める」
ニーズを「見つける」)
第4章 パーソン・センタード・ケア実践編(食事のこと
トイレのこと
お風呂のこと
眠りのこと
物盗られ妄想のこと
歩き回ること(徘徊)
意欲のこと
暴言・暴力のこと
収集すること
車椅子のこと)

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 認知症の看護・介護に役立つよくわかるパーソン・センタード・ケア
  • 認知症の看護・介護に役立つよくわかるパーソン・センタード・ケア

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中