ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 美味しい暮らし 季節の手仕事 春夏秋冬 日々を楽しむレシピ帖

  • 美味しい暮らし 季節の手仕事 春夏秋冬 日々を楽しむレシピ帖

ポイント倍率

美味しい暮らし 季節の手仕事 春夏秋冬 日々を楽しむレシピ帖

  • 柳原一成/著 柳原尚之/著 柳原 一成
    近茶流宗家。柳原料理教室主宰。東京農業大学客員教授、儀礼文化学会常務理事、しょうゆ情報センター理事。1942年、先代宗家・柳原敏雄の長男として東京に生まれる。東京農業大学農学部卒業。東京・赤坂の柳原料理教室にて日本料理の指導にあたる一方、自ら野菜を育て、魚を釣り、日本全国の食材を訪ねてまわるなど、食材そのものへの研究にも力を注いでいる

    柳原 尚之
    近茶流嗣家。柳原料理教室副主宰。東京農業大学農学部醸造学科卒業。発酵食品学を学ぶ。卒業後、小豆島のしょうゆ会社の研究員として勤務。その後、オランダ船籍の帆船のキッチンクルーを経て、現在は父・柳原一成とともに日本料理、茶懐石の研究指導にあたる。文化庁文化交流使にも任命され、日本料理を海外に広める活動も行い、海外での料理講習会などでの指導経験も多数。そのほか、ドラマや時代劇の料理所作指導、料理時代考証も数々手がける

  • ISBN
    978-4-262-13027-9
  • 発売日
    2016年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 美味しい時を逃がさずに。下ごしらえから保存まで、心をこめて、ていねいに。


    日本には四季があり、その時期にしか手に入らない食材があります。
    その時季を逃がさずに、美味しくいただくための「手仕事」をまとめました。

    ・春はみずみずしく芽吹く素材に出会う季節。
    たけのこや山菜などのほか、桜もち、草もち、いちごジャムなどのレシピも。
    ・夏は梅や赤紫蘇、らっきょうの季節。漬け物仕事は時間がかかりますが、
    長期保存ができ、作った後々も楽しめます。
    ・秋はなんといっても栗。乾物の豆も新物が出まわります。
    栗の渋皮煮、含め煮、栗ご飯、煮豆、餡ものをご紹介。
    ・冬は寒さが厳しくなるほどに大根や白菜のうまみが増します。これもぜひ漬け物に。
    そして新年を迎える準備も。おせち料理は、数品だけでも、ぜひ手作りを。

    このほかにも、季節のレシピをたくさん紹介しています。
    作り方はプロセス写真とともにていねいに解説。
    きれいに、美味しく仕上げるコツもわかります。
    江戸懐石 近茶流 宗家柳原一成さんと嗣家尚之さん親子の初の共著。
    代々受け継がれてきた味と技法が満載です。
目次
春の手仕事(竹の子ご飯
竹の子と桜海老の煎り煮 ほか)
夏の手仕事(梅干し
梅干しのおむすび ほか)
秋の手仕事(栗のむき方
栗の渋皮煮 ほか)
冬の手仕事(白菜漬け
柚子大根 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 美味しい暮らし 季節の手仕事 春夏秋冬 日々を楽しむレシピ帖
  • 美味しい暮らし 季節の手仕事 春夏秋冬 日々を楽しむレシピ帖

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中