ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近代異妖篇

  • 近代異妖篇

近代異妖篇

  • 岡本綺堂/著 岡本 綺堂
    1872年(明治5)東京生まれ。本名は敬二。元御家人で英国公使館書記の息子として育ち、「東京日日新聞」の見習記者となる。その後さまざまな新聞の劇評を書き、戯曲を執筆。大正時代に入り劇作と著作に専念するようになり、名実ともに新歌舞伎の作者として認められるようになる。1917年(大正6)より「文芸倶楽部」に連載を開始した「半七捕物帳」が、江戸情緒あふれる探偵物として大衆の人気を博した。1939年(昭和14)逝去

  • シリーズ名
    中公文庫 お78-3 岡本綺堂読物集 3
  • ISBN
    978-4-12-205781-4
  • 発売日
    2013年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

686 (税込:754

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内容:こま犬 . 異妖編 . 月の夜がたり . 水鬼 . 馬来俳優の死 . 停車場の少女 . 木曾の旅人 . 影を踏まれた女 . 鐘が淵 . 河鹿 . 父の怪談 . 指環一つ . 離魂病 . 百物語 . 雨夜の怪談 . 赤い杭

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 近代異妖篇
  • 近代異妖篇

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中