ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マレー蘭印紀行 改版

  • マレー蘭印紀行 改版

マレー蘭印紀行 改版

  • 金子光晴/著 金子 光晴(カネコ ミツハル)
    明治28(1895)年、愛知県に生まれる。早大、東京美術学校、慶大をいずれも中退。大正8年、『赤土の家』を出版後渡欧、ボードレール、ヴェルハーレンに親しむ。大正12年、『こがね虫』で詩壇に認められたが、昭和3年、作家である夫人・森三千代とともにふたたび日本を脱出、中国、ヨーロッパ、東南アジアを放浪。昭和10年、詩「鮫」を発表以来、多くの抵抗詩を書く。昭和50(1975)年没

  • シリーズ名
    中公文庫
  • ISBN
    978-4-12-204448-7
  • 発売日
    2004年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:712

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 昭和初年、夫人森三千代とともに流浪する詩人の旅は、いつ果てるともなくつづく。東南アジアの圧倒する自然の色彩と、そこに生きるものの営為を、ゆるぎない愛と澄明な詩心で描く。
目次
センブロン河
バトパハ
ペンゲラン
スリメダン
コーランプル
シンガポール
爪哇
スマトラ

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般
版数 改版

ページの先頭へ

閉じる

  • マレー蘭印紀行 改版
  • マレー蘭印紀行 改版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中