ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 平成金融史 バブル崩壊からアベノミクスまで
  • 平成金融史 バブル崩壊からアベノミクスまで

  • 平成金融史 バブル崩壊からアベノミクスまで
  • 平成金融史 バブル崩壊からアベノミクスまで

平成金融史 バブル崩壊からアベノミクスまで

  • シリーズ名
    中公新書 2541
  • ページ数
    316p
  • ISBN
    978-4-12-102541-8
  • 発売日
    2019年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

920 (税込:994

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • バブル崩壊後、長期低迷にあえぐ日本経済。金融当局は何を考え、何を見誤ったのか。取材をもとに「金融失政の30年」を検証する。(「近刊情報」より)
目次
プロローグ 「平成」の幕開き、鬼平の後悔
第1章 危機のとばくち―バブル崩壊と大いなる先送り(土地バブルに「劇薬」投与
未曽有の金融不祥事 ほか)
第2章 金融危機、襲来―拓銀・山一、連鎖破綻の衝撃(ビッグバンの打算と誤算
「大臣保証」と奉加帳 ほか)
第3章 二波、そして三波―迷走する長銀処理、竹中プランの出現(長銀危機の勃発と迷走
日債銀破綻と第二次資本注入 ほか)
第4章 脱デフレの果てなき道―リーマン危機から「異次元緩和」へ(緩和解除とアベノミクスの萌芽
リーマン危機、そのとき東京で ほか)
エピローグ 安倍から黒田へ、新たな「指示」

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

昭和末期に拡大したバブル経済は、平成の幕開きとともに崩壊した。不良債権問題で多くの金融機関が行き詰まり、一九九七~九八年には北海道拓殖銀行、山一証券などが経営破綻。金融システムは壊滅寸前に至った。その後も混乱は続き、二〇〇八年にはリーマン危機に直面するなど、日本経済は長期停滞にあえぐ。金融当局は当時どう考え、何を見誤ったのか。キーパーソンによる貴重な証言を交え、金融失政の三〇年を検証する。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中