ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)

  • 海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)

海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)

  • 桃井治郎/著 桃井 治郎
    1971年、神奈川県に生まれる。筑波大学第三学群社会工学類卒業、中部大学大学院国際関係学研究科中退。博士(国際関係学)。中部高等学術研究所研究員、在アルジェリア日本国大使館専門調査員などを経て、中部大学国際関係学部准教授。専攻・国際関係史、マグレブ地域研究、平和学

  • シリーズ名
    中公新書 2442
  • ISBN
    978-4-12-102442-8
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

860 (税込:929

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 古代ギリシアのヘロドトスは海賊たちを英雄とみなし、ローマのキケロは「人類の敵」と罵倒した。スペインとオスマン帝国が激突したレパントの海戦の主役は海賊であり、大英帝国を裏面から支えたのもカリブ海に跋扈するバッカニア海賊だった。19世紀、欧米の覇権主義で海賊は滅びたが、現代のソマリア海賊として甦る。キリスト教とイスラームの対立、力と正義の相克など、多様な視座で読み解く、もう一つの世界史。

    自由で気ままな荒くれ者か、それとも「人類共通の敵」か?ヴァイキング、カリブの海賊、バルバリア海賊など、二千年にわたる通史
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 海賊のはじまり
第2章 海賊の再興
第3章 二つの帝国
第4章 黄金期の海賊
第5章 海賊の終焉
第6章 現代と海賊

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)
  • 海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中