ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く

  • すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く

すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く

  • 鈴木紀之/著 鈴木 紀之
    1984年神奈川県横浜市生まれ。2007年京都大学農学部資源生物科学科卒業、12年京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻博士課程修了(農学博士)。09年ウガンダのマケレレ大学に短期留学。日本学術振興会特別研究員(東北大学東北アジア研究センター)、宮城学院女子大学非常勤講師、立正大学地球環境科学部環境システム学科助教などを経て、16年2月より、米カリフォルニア大学バークレー校環境科学政策マネジメント研究科に日本学術振興会海外特別研究員として在籍

  • シリーズ名
    中公新書 2433
  • ISBN
    978-4-12-102433-6
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

860 (税込:946

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 擬態がいまいちなアブやチョウ、違う種類のメスに求愛するテントウ。どこかおかしな生き物たちの、本当はすごい生存戦略の秘密に迫る
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 進化の捉え方(適応と制約のせめぎ合い
適応をめぐる歴史と哲学)
第2章 見せかけの制約(産みの苦しみをいかに和らげるか
昆虫と植物の共進化)
第3章 合理的な不合理―あるテントウムシの不思議(蓼食う虫も適応か
禁断の恋―異種のメスを選ぶオス
不治の病―あえて抵抗しない戦略)
第4章 適応の真価―非効率で不完全な進化(無駄こそ信頼の証―ハンディキャップ理論
役立たずなオス―性が存在する理由
ハチに似ていないアブ―不完全な擬態)
終章 不合理だから、おもしろい

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

スズメバチにうまく擬態しきれないアブ、他種のメスに求愛してしまうテントウムシのオス。一見不合理に見える生き物たちのふるまいは、進化の限界を意味しているのか。それとも、意外な合理性が隠されているのだろうか。1970年代に生物学に革新をもたらした「ハンディキャップ理論」「赤の女王仮説」から、教科書には載っていない最新仮説までたっぷり紹介。わたしたちの直感を裏切る進化の秘密に迫る!

ページの先頭へ

閉じる

  • すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く
  • すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中