ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長

  • 人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長

人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長

  • 吉川洋/著 吉川 洋
    1951年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業後、イェール大学大学院博士課程修了(Ph.D)。ニューヨーク州立大学助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、東京大学助教授、東京大学大学院教授を経て、立正大学教授。専攻はマクロ経済学。著書『マクロ経済学研究』(東京大学出版会、1984年、日経・経済図書文化賞、サントリー学芸賞)、『日本経済とマクロ経済学』(東洋経済新報社、1992年、エコノミスト賞)、『転換期の日本経済』(岩波書店、1999年、読売・吉野作造賞)など

  • シリーズ名
    中公新書 2388
  • ISBN
    978-4-12-102388-9
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:821

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人口減少が進む日本は衰退する運命なのか。人口と寿命を経済学の視点から捉えなおし、財政危機からAIまで日本経済の将来を考える。
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 経済学は人口をいかに考えてきた(日本の人口
中国の人口 ほか)
第2章 人口減少と日本経済(日本が消える?
超高齢社会の社会保障 ほか)
第3章 長寿という果実(先進国における出生率の低下
日本の出生率の推移 ほか)
第4章 人間にとって経済とは何か(経済とぜいたく
一国経済の活動水準―GDPの計測 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

人口減少が進み、働き手が減っていく日本。財政赤字は拡大の一途をたどり、地方は「消滅」の危機にある。もはや衰退は不可避ではないか―。そんな思い込みに対し、長く人口問題と格闘してきた経済学は「否」と答える。経済成長の鍵を握るのはイノベーションであり、日本が世界有数の長寿国であることこそチャンスなのだ。日本に蔓延する「人口減少ペシミズム(悲観論)」を排し、日本経済の本当の課題に迫る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長
  • 人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中