ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家

  • ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家

ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家

  • 石川美子/著 石川 美子
    徳島県生まれ。1980年、京都大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程を経て、92年パリ第7大学で博士号取得。フランス文学専攻。現在、明治学院大学文学部教授

  • シリーズ名
    中公新書 2339
  • ISBN
    978-4-12-102339-1
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『恋愛のディスクール・断章』『記号の国』で知られる批評家ロラン・バルト(一九一五‐八〇)。「テクスト」「エクリチュール」など彼が新たに定義し生み出した概念は、二十世紀の文学・思想シーンを次々と塗り替えた。デビュー以来、文学言語のみならず、モードから写真、日本論に至るまで華麗な批評活動を展開。晩年には「小説の準備」へと向かった、この多彩な思考の全体像を端正な文体によって浮き彫りにする。
目次
プロローグ 一九一五~一九四六年
第1章 文学の道へ―一九四六~一九五六年
第2章 記号学の冒険―一九五六~一九六七年
第3章 ロマネスクのほうへ―一九六七~一九七三年
第4章 テクストの快楽―一九七三~一九七七年
第5章 新たな生―一九七七~一九八〇年
エピローグ 一九八〇年~

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家
  • ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中