ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 気候変動とエネルギー問題 CO2温暖化論争を超えて

  • 気候変動とエネルギー問題 CO2温暖化論争を超えて

気候変動とエネルギー問題 CO2温暖化論争を超えて

  • 深井有/著 深井 有
    1934年、千葉県に生まれる。1958年、東京大学理学部物理学科卒業。1963年、東京大学大学院数物系研究科博士課程修了。専攻、金属物理学とくに金属‐水素系の物性と材料科学。現在、中央大学名誉教授、産業技術総合研究所・物質構造科学研究所・東京大学生産技術研究所客員研究員

  • シリーズ名
    中公新書 2120
  • ページ数
    268p
  • ISBN
    978-4-12-102120-5
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

840 (税込:907

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 地球温暖化の議論をリードしてきたIPCCがスキャンダルに揺れている。温暖化を印象付けるためのデータ操作や、不都合な報告の黙殺など、あるまじき行為が明るみに出た。本書では、気候変動の真因を最新の知見から解説、さらに化石燃料を温存する上で必要な、バイオマス、核融合など代替エネルギー技術の最前線を紹介する。震災復興が急がれる今、莫大な国費を根拠薄弱なCO2削減策のために浪費することは許されない。
目次
序章 クライメートゲート事件―暴かれた二酸化炭素原因説の陰謀(クライメートゲート事件
IPCCとは何だったのか)
第1章 気候変動はどうして起こるのか(気候変動の歴史から学ぶ―氷河期はたびたび訪れた
気候変動の要因は?―地球は宇宙につながっている
気候変動の予測―地球温暖化は進むのか?
気候研究を振り返る
流れに立ち向かった人たち)
第2章 「地球温暖化」から「エネルギー問題」へ(日本のエネルギー事情
エネルギーをどこから得るか
エネルギーをどう使うか)
第3章 未来のエネルギー源―核融合(磁場核融合―トカマク方式の今
慣性核融合―パワーレーザーが新しい時代を拓く)
第4章 これからどうするか

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 気候変動とエネルギー問題 CO2温暖化論争を超えて
  • 気候変動とエネルギー問題 CO2温暖化論争を超えて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中