ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 流転の子 最後の皇女・愛新覚羅【コ】生

  • 流転の子 最後の皇女・愛新覚羅【コ】生

流転の子 最後の皇女・愛新覚羅【コ】生

  • 本岡典子/著 本岡 典子
    ルポルタージュ作家。1956年生まれ、関西学院大学卒業。現代家族・夫婦の危機と再生などを主なテーマとし、『魂萌え!の女たち―祝祭の季節を生きる』(岩波書店)ほか著書多数。近年は中国を精力的に取材し、歴史ドキュメンタリーを手がけている。元ニュースキャスター

  • ページ数
    461p 図版16p
  • ISBN
    978-4-12-004269-0
  • 発売日
    2011年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 父はラストエンペラー溥儀の弟、母は日本の侯爵家令嬢。歴史的一族に生まれ、激動の日中史を生きることになったある女性の半生。
目次
第1章 幻影(満州国瓦解―一九四五年
父と母の物語―一九三一~三九年 ほか)
第2章 流転の子(旅の始まり―一九四五~四六年
通化大虐殺―一九四六年二月三日 ほか)
第3章 再会(父は何処に―一九四七~五七年
天城の悲劇―一九五六~五七年 ほか)
第4章 母、妻、そして娘として(動乱―一九六四~六七年
祝婚歌―一九六七~七二年 ほか)
第5章 命さえあれば(地の底が揺れた―一九九四~二〇〇五年
祈る者―二〇〇五~〇七年 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 流転の子 最後の皇女・愛新覚羅【コ】生
  • 流転の子 最後の皇女・愛新覚羅【コ】生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中